70%

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70%

暇つぶしになる記事があればこれ幸い。

Google web fonts

新生活を始める若者に気をつけてもらいたい5つの勧誘「実話付き」

生きるヒント 珍体験記

小窓です。

 

春から新生活を始める若者たちよ。
今まで実家暮らしだったのが1人で生きていくことになり、不安と期待がいっぱいあることでしょう。

 

私も18歳で初めて1人で暮らしをして、たくさんいい経験をしました。でも怖い思いもたくさんしました。やる気に満ち溢れていても、無気力でフラフラしていても、付け込まれる奴はつけこまれるのさ…(゚∋゚)

 

今は情報を自分で得られる時代なので、昔ほど恐怖は無くなったかもしれません。でも、自分は大丈夫と思っている人ほど狙われやすいものなので、新生活に飛び込む前に、ご一読いただけたらと思います。

<スポンサードリンク>
 

 

Case1.宗教

f:id:santonikaku:20170320230629j:plain
私は一人暮らしを初めてすぐ、宗教勧誘に3回ほど遭遇しましたが、直接家に来た猛者との戦いは今でも覚えています。

 

それも1人暮らしを始めて3日目のことですよ。
しかも夜ですよ。
いきなり来てしかもなかなか帰らないんすよ。
お前は未練たっぷりの元カレかよ。
怖ぇーよ。

 

相手は30代?の男性だったんですが、見た目がねずみ男をさらに陰気にしたような感じで、髪型はブラックジャックでした。

そんな人が夜中に女性のアパートに来て、玄関口から帰らない。狂気です。

その人は怪しげな飲料水を出してきて、
「これを一口飲んでくれたら帰る」
「飲んで感想をもらわなければ怒られる」
と懇願してくるんです。

しかもこれ、チェーンロック越しの隙間での会話ですよ。狂気です。

 

無視してドアを閉めればいいって思うじゃない?
でも、閉めたところで私は一人なんですよ。
助けに来てくれる彼氏もいない。
友人もまだいない。
1人暮らし3日目のことです。

 

そんな中で強引にドアを閉めるのは怖かった。相手を刺激したら何されるかわからない。
仕方ないので飲みましたよ。一口だけ。三々九度より少なく口に含んで見せて「あ、いいと思います」と言ったら、本当にすぐ帰った。

 

でも怖かった…。今でも思い出すたびに背筋がゾクッとする。この一件以降は、ピンポンが鳴っても居留守を使うようになりました。

 

宗教の勧誘にも色々いて、一発で怪しいとわかる人もいれば、信じられないくらいさわやか好青年やカワイイ女の子がやってる場合もあります。
サークルノリで誘ってきて、上納金を払わせようとしたり、お金の話は一切しないまでも個人情報を抜き取って選挙の手伝いをさせられたり、本当に多岐にわたります。
本当にその教えを信じて信仰を深めたいならそれは個人の自由ですが、中には悪徳宗教家もいるので、迂闊に信用しないで、ちゃんと断る勇気を持ちましょう。

 

<スポンサードリンク>
 

 

Case2.マルチビジネス

f:id:santonikaku:20170320232740j:plain
これも若い子にありがちな誘惑。

昔は多少考える時間をくれたのですが、今はネットでいくらでも情報が得られるので、とにかくすぐ決断させようとしてくるみたいですね。
私は、家にマルチビジネスの擬人化みたいな親がいたので、大体マルチビジネスがどういうものか、どういう誘い方があるのか免疫があったため、怪しい話が来ても「ああ、そういうのはやりません」と一蹴できました。親には一切感謝してませんけどね。

 

人の付き合いやお世話になってる人など「断ったら申し訳ない」と言う気持ちにつけこんで誘ってくる人もいますが、ハッキリ言います。断ってもあいつらはビクともしません。向こうに罪悪感はありませんので、こっちも持つ必要はありません。

 

「会社経営に参加しない?」
「副業でも始められるよ」
「開業資金は必要ない」
「君みたいな人ほど向いているよ」

この辺の誘い文句は危険です。

 

<参考記事>

 

Case3.水系のバイト

f:id:santonikaku:20170320232438j:plain
今やアイドル並みに人気稼業となった水商売。
軽い気持ちでバイトできるし、なんならホステスやってても日テレのアナウンサーになれちゃうような時代なので、昔ほどの偏見はありません。

ただ、やっぱり水商売は水商売。普通の生活をしていたら遭遇しないような危険や誘惑があるのも事実です。

 

正直、親・家族が水商売をやっている人以外は、相当気を付けなければいけないと思いますよ。私のマルチビジネスと同じで、小さいころからの耐性が大きく明暗を分ける職業だと思う。

 

女性は、バイト感覚で春を売るようなこともついついやりたくなる年頃です。春を売りたいというよりも、そういうことに興味が出てくるんですよね。女としての自分の価値を知る年齢でもある。

でも手前で踏みとどまるか、一歩踏み出してしまうか…その一線は大きいと思う。30歳を超えてからその差に気づいて愕然とする。

お水や風俗を否定はしないけど、その仕事をしていた自分は消せないということも考えつつ、冷静に判断してもらいたいと思います。

 

<スポンサードリンク>
 

 

Case4.白いお粉

f:id:santonikaku:20170320232516j:plain
幸いなことに白いお粉に触れることなく人生を歩めていますが、とても危険です。今、とてーーも危険。普通の子ほど狙われる。

私と同じゼミの子が水商売のバイトをやっていて、そのまま学校を辞めてしまったのですが、卒業式の時に「あの子、借金抱えてたんだよ」と友人に教えられました。普通に短大に通ってただけでなんで借金?と思ったんですが、水商売の時に悪いお客に捕まって、どうやら白いお粉地獄に落ちたらしいよ。と。

マジでか!(; ・`д・´)
そんなドラマみたいな話が身近にあるのか!

と驚きましたね。
私の新生活時代なんて20年近く前のことですが、その頃からこういう話は常に日常の隣り合わせです。

 

目の前にしたら恐怖より好奇心が勝つ恐れがある、と言うのが恐ろしいところ。
以前、小麦粉を袋に入れて撮影した時に、リアルにそれっぽいものを目の前にしたら、なんだか説明できないフワッとした気持ちになった。
中身は小麦粉なんだけど。それでも、目の前にあると異様な気持ちになった。心が弱ってる時に見たら、拒絶できなくなるかもしれないし、何も無い状態なら「薬とかやる奴はバカ」と思えても、目の前にあると人は意外と弱いものだと思います。

 

Case5.連帯保証人

f:id:santonikaku:20170320232636j:plain
借金繋がりでこの話も。 

これも本当に恐ろしい。長い間苦しむ。
私の父は、学生時代に仲の良かった友人にこれでやられました。
最初はにこにこと近づいてきたけれど、最後には「お前が死んだら家族が俺の分を払えよな!」と玄関に殴りこんできた。怖かった。

 

借金について詳しく知りたい人は、ウシジマくんとか読めばわかると思う。若い子はウシジマくんやカイジを読んでおいた方が良いと思うな。社会勉強ですよ。

 

カイジは賭博黙示録編が一番好き。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。

新生活を始める学生さんは、社会の闇に隠れて生きる人たちからすると格好の餌食だったりします。私が闇の人だったら、真っ先に狙うのは田舎のジジババと新生活を始める学生だと思うので、それくらい無防備な存在だと思われているんです。

防御力を上げておくのは無駄なことではないと思うので、ぜひ気を付けて楽しい新生活を送ってくださいね。