読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70%

暇つぶしになる記事があればこれ幸い。

Google web fonts

女の子に告白された時の話①

珍しい体験記 生きるヒント

【スポンサードリンク】

小窓です。

f:id:santonikaku:20150706224549j:plain
まだLGBTという言葉もなく、同性愛が珍しかった頃の話です。
ある女の子に告白された時のお話。

学生時代に、とある女の子と知り合いになりました。
友達の紹介で知り合い、何度かみんなで一緒にご飯を食べたりカラオケにいったりする内に連絡先を交換して、2人でも遊びにいくようになりました。

黒目がちで小柄で、モー娘。のなっちに似ているとても可愛い女の子でした。仮にNちゃんとします。

Nちゃんの性格はとても内気で口数も少ない子でした。
一緒にコンパ的な飲み会に行くこともありましたが、大人数でいる時はいつもすみっこでそっと笑っているような子でした。でも2人になると、本当に楽しそうな表情で話を聞いてくれて、自分のことも色々話してくれるから、私はそんなNちゃんのことが大好きでした。

とにかく可愛いので男性ウケも良かったけど、お付き合い経験はゼロ。積極的に恋愛を始める傾向もなくて、いつも私の恋バナばかり聞いてもらっていました。
Nちゃんの好きなタイプは?と聞いても「特にタイプってないな」「みんなでワイワイ遊びに行く方が好き」と答えるような女の子でした。

そんなNちゃんから、ある日電話があり、小さな声で「今からそっちに行ってもいい?」と聞かれました。
当時私は一人暮らししていたので、突然の来訪でも一向に構わなかったのですが、時間は23時を越えていました。そんな時間にいきなりやってくるなんて、いつものNちゃんらしくないなと思いましたが、なんだか声が切羽詰っているようだったので、「いいよ、気をつけて来てね」と言いました。

<スポンサードリンク>
 
玄関のチャイムが鳴って出ると、捨てられた子犬みたいな表情のNちゃんが立っていました。今にも泣きそうで、「どうしたの?」と慌てて家の中に迎え入れました。
しばらくは無言で俯いていたNちゃんですが、意を決したように言いました。

「今日、Rちゃんに誘われてコンパに行ってきたの」

私はちょっとビックリしました。
Rちゃんというのは共通の友達でしたが、かなりの遊び人で発展家な子だったので、真逆の性格のNちゃんが仲良いようには見えなかったのです。

どうやら話を聞くと、Rちゃんから急に電話がきて「友達にドタキャンされたので今日コンパに来れる?」と半ば強制的に誘われたらしいです。

あー、なるほど。
大人しいNちゃんは断ることができずに行ったんだな、そこで何か嫌なことでもあったのかな、と私は判断しました。

「そっか、Rちゃんは強引なところあるからね、大変だったね」

あまり深刻に話を聞くより愚痴相談みたいにシフトした方がいいかな、と勝手に思って努めて明るくそう言いました。
そしたら急にNちゃんが「ちがう!小窓ちゃん、ちがうの」と泣き出してしまいまして。

「えええええ」ですよ。
こんな大きな声が出るNちゃん初めて見た。てか、大声出るんだ。
そしたらNちゃんが泣きながら言いました。

「私、小窓ちゃんがすき」

 

 

ん?


改まってどうしたんだろ?

 

 

「ありがと、私もNちゃんのこと好きだよ?」
って言ったら、Nちゃんはフルフルフルフル振りかぶるんですよ。
違う違う、そうじゃ、そうじゃない、みたいな。

とりあえずどうしたらいいかわからないから、今日は泊まっていきなと言いました。
憔悴しきったNちゃんは「うん」と頷いて、顔を洗いに洗面所に行きました。
そしたらNちゃんが洗面所に行く前に、私をじっと見てくるんですよ。顔も少し赤くて、涙ぐんでて、また泣きそうになって私をじっと見てくるんですよ。

「どうしたの?大丈夫?酔ってる?」って聞いたら、

「小窓ちゃん、ごめんね。すきになっちゃって」って言われました。

「なにが?なんで?全然いいよ!謝らないで」って必死に励ましました。

Nちゃんが洗面所に行ってる間、パジャマや布団の用意をしながら、ふと、

 

あれ?
なんで謝られたんだろ?



好きって…

 

 

ん?

 

 

んん?

 

 

 

 

 

ハッ(゜д゜)←遅

 

 

ももももしかして、そういう「好き」?

 

だからごめんって言った?

 

あれ、じゃあ全然いいよって言っちゃったけど、どう捉えられた?

 

てか、会話噛み合ってなかった?

 

逆に、ひょっとして、遠まわしに拒否したように見えた?

 

拒否したわけじゃないけど、いやいや、しなきゃまずいけど、

 

 

えええ?うそん!!!
まさかの、そういう「好き」!?

 

 

完全に頭がパニックになりました。

 

ひょっとして友達としての「好き」じゃなくて、恋としての「好き」だったとしたら、急に2人で同じ部屋にいることを意識しだしちゃいまして。

いや、でも、いや、でも、違うかも。
だけど、そうかも。
いや、違うかも。だけど。でも。

 

 

 

つづく。