読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70%

暇つぶしになる記事があればこれ幸い。

Google web fonts

【ファンじゃないけどベスト10】Mr.Childrenの好きな10曲を選んでみた

音楽

【スポンサードリンク】

小窓です。

普段それほど聞かないけど、急に聞きたくなるアーティストがいる。
その人たちの曲の中から個人的に好きな10曲をランキング形式でお届けする、題して【ファンじゃないけどベスト10】。 

第2回目は「Mr.Children」です。

過去に2度、友達に誘われてコンサートに行ったことがあります。
両方とも夏で、ライブの最中にゆっくり夕日が沈んでいくんです。少しずつ空が暗くなる宵の口に生で聞くミスチル…感無量でした。
そんな時に「Tomorrow Never knows」なんか歌われた日にゃ抱かれたいって思うよね。思ったよね。

でも、私はミスチルの毒気の強い歌詞の曲が好きです。
もっと言うと、エロい時の桜井さんが好きです。

<スポンサードリンク>
 

ランキング

10位:everybody goes~秩序のない現代にドロップキック~

f:id:santonikaku:20161004153226j:plain
懐かしの8cmCDですよ。
そんなの知らないって?黙れ黙れ、この細長いCDケースが目に入らんか。
当時、「cross road」「innocent world」「Tommorow never knows」と王道の曲を3連発で発売していたミスチルが次にリリースしたのがこの曲。
忙しすぎてミスチルご乱心か?!と心配したものでした。

でもめっちゃいい曲。友達といっぱい歌ったな。
多分、王道の曲ばかり出すバンドだったらすぐ飽きてたかもしれない。この曲で見方が完全に変わったからね。

9位:雨のち晴れ(Atomic Heart収録曲)

f:id:santonikaku:20161004153400j:plain
ストーリー性が素晴らしい。
新卒で入社して2~3年くらい経つと良くも悪くもこなれてきて、自分の将来を漠然と考えたりするんだよね。
その微妙な心理状態をよくここまで表現できるなぁ。この状況を更に突き詰めると、ユニコーンの「ヒゲとボイン」になる。

 

8位:星になれたら(Kinds of Love収録曲)

f:id:santonikaku:20161004153419j:plain
↑若っ!(笑)
こういうまっすぐな歌詞の歌を私が好きになるのは珍しい。
でもかなり思い出補正が入ってるけどね。昔を思い出すと、より良い曲になってしまうよね。

でもずるいのは、作曲家に寺岡呼人さんがいるんだもん。この2人で作ればそりゃいい曲になるよ。
 

7位:NOT FOUND

f:id:santonikaku:20161004153434j:plain
この歌のすごいところは、歌詞のどこを切り取っても素晴らしいということ。
迷ったり壁にぶつかった時にこの歌を聞いたら泣いちゃうだろうな。答えを示してるわけでもなく「悩み」のど真ん中を歌う歌。


6位:OVER(Atomic Heart収録曲)

f:id:santonikaku:20161004153400j:plain
男性が歌う失恋ソングとしてはかなり女々しい歌詞だった。
でもこの頃は「女々しい男性目線のラブソング」が流行っていたんだよね。 

<同じ時代に発売された女々しい曲>

  • 「言えずの I Love You」KAN
  • 「SPY」槇原敬之
  • 「シングルベッド」シャ乱Q

永ちゃんが「アリよさらば」を歌ってる横で、弱い男たちが台頭していたんですよね。
その中でもダントツに女々しかったのがこの「Over」でした。
ただ女々しいんじゃなくて、普段はちゃんとしているのにそれがこんなになっちゃうくらい辛い恋愛してるんだよ、ってところが良かったんでしょうね。

でもこの曲で一番引っかかるのは「顔の割に小さな胸」ってところよ。それってどういうことかどういう顔なのか、桜井さんを小一時間問い詰めたい。
 

5位:ニシエヒガシエ

f:id:santonikaku:20161004153607j:plain
イントロのギターがえげつなくかっこいい。
闇がすごいよね。鬱屈した黒いモヤモヤの塊みたいな曲。
PVも狂気しか感じないし、一体どんな気持ちでこの曲を作ったんだろう。闇が深すぎる。
でもめちゃくちゃかっこいい。最後の1秒までかっこいい。

 

4位:innocent world

f:id:santonikaku:20161004153622j:plain
王道だけど、この曲はやっぱりすごいと思うのよ。
それまで誰もこのメロディーを作れなかったのかな、っていうくらい気持ち良い旋律、ピッタリ張り付くような歌詞。
この曲はめちゃくちゃ売れたし、毎週歌番組のランキングに入っててみんな知ってる曲だったから、正直飽きてあまり好きじゃなかった時期があった。

でもライブで生で聞いた時、泣いたよね。広い広い会場を1つにする大きな力があるよね。
「近頃は夕食の話題でさえ仕事に汚染(よご)されていて」というところが、たまらなく好きです。

<スポンサードリンク>
 
 

3位:シーソーゲーム

f:id:santonikaku:20161004153721j:plain
友人の評価はイマイチでもShe So Cute
この歌詞に全私が泣いたよ。

経験はないけど、カラオケでこの曲を歌われたら好きになっちゃうかも。それくらい良い曲。
私が男でこの曲聞いたら「めっちゃわかる!やべぇ桜井和寿やべぇ。俺が女なら抱かれたい!!」って思うだろうな。
女のままでそう思えばいいのにあえての男目線。

2位:光の射す方へ

f:id:santonikaku:20161004153737j:plain
途中のギターソロが好きすぎて2位まで昇りつめた曲。
コンサートで聞いた時、鳥肌が立ちました。途中と最後のギターが宵の口の空に消えていったのよ。
日常的なことを歌う前半を後半の壮大さにつなげるのはあのギター。田原さんが愛おしく爪弾くシーンが大好きです。

 

1位:youthful days

f:id:santonikaku:20161004153754j:plain
最高のメロディライン。
桜井さんの声が一番曲とマッチしていると個人的に思ってる。

曲はアップテンポなのに、心の奥が切なくなるのはなぜだろう。
これ以上ないくらい満たされている時に不安になる心理と同じかなぁ。恋愛していると、こんな瞬間がたくさんあるよね。
結果、恋が終わってしまってもこの瞬間を味わえるなら本望だった。
貴重な刹那の世界感とメロディをここまで表現した曲ってなかなか無い。本当に脱帽です。
 

ランキング番外編

 Dance Dance Dance/ラブコネクション(Atomic Heart収録曲)

f:id:santonikaku:20161004153400j:plain
エロい曲殿堂入りの2曲。
歌詞もそうなんだけど、曲全体からにじみ出るものがもうエロイわ。白いわ。

Dance Dance Danceなんて、コンサートで「今夜も一人lonely play」って歌いながら桜井さん股間触ってたんだからね??どんだけ度肝抜かれたことか。

LOVE(Versus収録曲)

f:id:santonikaku:20161004154054j:plain
この歌詞を思春期の頃に聞いた小窓さんは戸惑ったよ。こういう感情って持ったらいけないと思ってたから、肯定されちゃった!って驚いた。
そこまで愛せないからそこまで傷つかない。でも満たされない独占欲。

こういう人が現実に現れてしまうと、感情の複雑さを呪うよね。
いいじゃない、それもまた1つのLOVEだけどさ…。
 

ミスチルは青春のBGMだった

f:id:santonikaku:20150723143032j:plain
ミスチルは青春のど真ん中に存在していた。
でも懐メロ感覚ではなく、いつ聞いてもその時の気持ちで聞ける。ちょっぴり懐かしいなと思いながら。
曲と一緒に自分も成長したせいかもしれない。

正直、小中高の頃ってそこまで歌詞の意味をじっくり考えたりしなかった。歌って聞いて、楽しくて盛り上がればそれで良かった。
でも20歳超えてから歌詞を聞いて初めて気づかされるその世界感。そして、昔の思い出とリンクした時の衝撃。 

社会人の苦労なんてわかってなかった無邪気な頃を思い出しながら聞くと、感慨深くて、新しい気持ちで聞ける。等身大の曲ばかりなんですね。

f:id:santonikaku:20150723143042j:plain
私の心のMr.Childrenそのものを表す曲は「Cross Road」かな。ランキングには入ってないけど、本当に素晴らしい曲です。



てか、10曲になんて絞れないよ!!誰だよ10曲って決めた奴は!!