読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70%

暇つぶしになる記事があればこれ幸い。

Google web fonts

原爆の日に不謹慎なツイート…それを見て思うこと

話題のニュース

【スポンサードリンク】

 

不謹慎な2つのツイート

小窓です。 

今日は長崎に原爆が落とされた日です。
が、東京ディズニーランドの公式ツイッターが「何でもない日おめでとう」とツイートしたことで問題になっているようですね。

「何でもない日おめでとう」は不思議の国のアリスに出てくる名言ですが、今日は何でもない日とは言ってはいけない日ですからね。
また、8月6日の広島の原爆の日には、AKB48の島崎遥香さんが「8月6日はぱるるの日」とツイートして、大炎上したそうです。猫も杓子もツイッターだねぇ。

もちろん「不謹慎すぎる」「日本人としてありえない」という批判は私も同意見です。が、冷静に考えると、自分も20歳くらいの時は今ほど戦争の重みをわかっていませんでした。
原爆の日だということを一度も意識しないまま一日が終わった年もあったし、教科書で習ったというだけしか意味を持たない日でした。

ディズニー公式ツイッターの中の人が何歳なのかわからないけど、若さと無知ゆえの失言ってありますね。
大体の人はそこまでの舞台で発言する機会が無かったってだけで、若い時は何かしら失礼なことをいっぱいやらかしているわけですよ。
でも、この国で産まれた人間として原爆に関してはただの失言では済まされない。そういうことだと思います。
 

Twitterは公式の場と同じ

10代の内から当たり前のようにスマホを使っている子に「Twitterは公式の場と同じ」っていう概念はあるのかな。
呟いているのは自分の部屋のベッドの上でも発言は世界の隅々にまで広がってしまう。それを想像する力がどれだけあるか。

ましてや、芸能人や企業の公式アカウントは影響力が半端ないわけで、軽率な行動は自分と周囲の人の首を絞めるだけです。

仲間内で言う分には周囲は誰も批判しませんよ。心の中は知らんけど。

8月6日が誕生日の人もいるだろうし、「今日は私の日だーーー!飲もうーーー!!」って騒いでいても誰も問題視はしないわけですよ。心の中は知らんけど。

試しに調べてみたら8月6日が誕生日の芸能人って結構いました。
さかなクン、夏目三久、窪田正孝、二階堂高嗣(Kis-My-Ft2)などなど。

でも彼らが、個人的な集まりで誕生日を盛大に祝っても誰も何も言いませんよね。
でも、朝チャンで夏目ちゃんが冒頭から「今日何の日かご存知ですか?実は…私の誕生日なんでーす!」って言ったらやっぱり炎上するだろうなぁ。
Twitterも同じことだと思いますよ。「言いたいことも言えないこんな世の中」理論は通用しませんよ。言って良い場と良くない場を見極めるのは大事な処世術です。
 

311と246

私はこの数字を見ると今でも胸がビクッとなります。目を背けたくなる数字です。
86、89、815の数字に同じようにビクッとなる人はいると思います。天災と戦争は違うけど、たくさんの悲しみが生まれたことは同じだから。

ディズニーの人も島崎遥香さんも、3月11日だったらあんなツイートはしなかったと思う…ていうか、思いたい。あと、自分の身近な人が辛い体験をした日なら、そういうことはしなかったはず。と思いたい。

やっぱり足りなかったのは想像力と常識ですね。
8月6日、8月9日がどんな日であるかわかっていなかったこと。そして自分は一般人よりも影響力が強い立場にいるということ。
この2つに対してもう少し思慮深くあるべきだったと思います。
 

さいごに

私は今回の騒動で、不謹慎な発言をしたことに怒るよりも、同じように不快感をもった人がたくさんいたことにホッとしました。
怒るくらいしかできない。でもそれがとても大切な感情かもしれません。

実際に戦争を経験した人に比べたら、同じように悼んだり悲しんだりするのは難しいです。でも、まずは知ること。そしてそこから考え、行動していければいいですね。

 

「『ゲン』は俺が死んでも残る。『ゲン』が世代を超えて歩んでいってくれれば、それだけでいい」

-中沢啓治(著者)