読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70%

暇つぶしになる記事があればこれ幸い。

Google web fonts

【ファンじゃないけどベスト10】globeの好きな曲10曲選んでみた

音楽

【スポンサードリンク】

小窓です。

ファンじゃないけどベスト10も3回めという事で、カテゴリー作りました。多分今後も増えていきそうです。

ちなみにここでいう「ファン」の定義は、シングルもアルバムも全曲聞いていてそのアーティストに超詳しい、ということです。
私は「全部は知らないけど好きなのよ」と言うアーティストについてゆるく語っています。

今回は、globeです。

f:id:santonikaku:20150813233449j:plain
先日、KEIKOの肉声が4年ぶりに公開されましたね。思ったより元気そうでホッとしました。リハビリの効果でしょうか。
以前のFNS歌の夏まつりの時、別のアーティストがglobeの曲をカバーしていましたが、やっぱりKEIKOの声じゃなきゃ嫌だと痛切に感じました。

KEIKOの声は独特で耳に残ります。小室サウンドとの相性もばっちり。マークパンサーとの相性もばっちり。
やっぱりKEIKOじゃなきゃダメです。ああ、ダメだ。泣けてくる。

<広告>
 

10位:Anytime smokin' cigarette

f:id:santonikaku:20160916105630j:plain
小室哲哉が音楽業界を席巻していた頃は、今みたいにアイドル全盛期じゃなかったので、大人の恋愛やかっこいい女性が憧れの対象だった。

そんな時代だからこそとても流行った曲。タバコがカッコよさの象徴だったあの時代ならではですね。

みんなもそれぞれRULE持っていた
くだらない男を取り合いしないように
馬鹿げてる話には乗らない
車にも乗らない もし乗ったら馬鹿を見て

KEIKOは当時24歳。でもこういう歌詞をかっこよく歌い上げていて、すごく大人に感じられました。

 

9位:FREEDOM
f:id:santonikaku:20160916110314j:plain
 学生の頃、毎日のように一緒にいた友達がカラオケでよく歌っていた。
「この曲が一番好き!」ってよく言ってた。彼女のことを思い出すし、同時に一緒にいた自分のことを思い出す。
自分の思い出より友達の思い出が乗っかっちゃってる曲ってありますよね。この曲はまさにそれ。

 

8位:TIME without tears/RUN AWAY FROM THE NIGHT

f:id:santonikaku:20160916110515j:plain
この曲はいつも両方とも同じテンションで聞く。セットのように聞く。
なので同位です。

どちらも作詞はMARCで、どうしようもない孤独を歌っているのがたまらなく良い。
MARCとKEIKOの声と絡み合うのが綺麗で儚げ。

 

7位:Feel Like dance

f:id:santonikaku:20160916105902j:plain
記念すべきデビュー曲。
初めて聞いた時から「あ、この声好き」って思いました。
今聞くと懐かしくて、懐かしすぎて。あの頃の元気なKEIKOを思い出して涙が出そう。

別のアーティストがカバーする時、すごく「ちがう!やっぱりKEIKOの声じゃなきゃダメ!!」って一番思う曲。
華原○美さんがカバーするのもちょっとね…。まぁやりたければやればいいけど絶対に聞こうとは思わない。
過去と現在が悪い意味でゴチャゴチャになってしまう。

 

6位:So far away from home(Beautiful journey)

f:id:santonikaku:20160916105421j:plain
アルバム「FACE PLACES」収録曲。
なにげに名曲なんだな。
歌詞が逃避行をイメージして書かれてるような気がします。
でも悲観もせず楽観もせず、淡々と前に進むような力強い曲。
globeの曲は明るくても必ずそこに闇がある。やっぱり小室哲哉ってすごかったな。

 

<広告>
 

 

5位:Love again

f:id:santonikaku:20160916110042j:plain

じゃれてるだけでも
時間がすごく経ってる
優しい指先
耳にキスして

何も見ずにスラスラっと出てくるこの一文。言葉の並びが美しい。
その後に続く、

こんな午後はそのまま
服脱がせて
天国に連れていって
一緒に連れていって

ここもいい。切なげに歌うんだよなぁ。
KEIKOの歌い方には表情があるよね。

 

4位:Is this love

f:id:santonikaku:20160916110204j:plain
globeが激しめの曲で世の中に浸透していった中で発売された初のバラードでした。
初めて聞いた時、なんてKEIKOの声が優しいんだろうって思った。その当時、他のどのバラードにもない胸キュン感を味わった。

10代だったので「気が済むまで愛し合う」なんて経験はなかったけど,、それで「なんかわかるなぁ」って思っていた。
大人への憧れは、全部globeだったな。

 

3位:sweet heart

f:id:santonikaku:20160916110231j:plain
歌詞がとても好きです。

お願い 好きじゃなくていい
まだ違う人にはならないでいて

誰もいない時 一人でなぜか
泣けなくて 泣けばまた
誰かに頼らなきゃならない

昔好きだった人を思い出してしまって、でも必死に前を見て生きようとしているような。切ないのに曲が明るいから、それが余計に感情を煽る。
私はインドアな人間なので、外に向けて発散できません。いつも内にこもります。
部屋の中から一歩も出ないでじめじめ考えるタイプの人間ですから、そういう時にglobeの歌詞は心に染みました。

 

2位:Many Classic Moments

f:id:santonikaku:20160916110216j:plain
この曲が好きな人は多いと思う。
この時のKEIKOは神がかっていた。声の伸びもとても良くて、やっぱりglobe好きだわって気づかせてくれた曲です。

とにかく最初から最後までずっとかっこいい。マークのRAP部分もイントロも全てがうまく組み合って素晴らしい完成度だと思います。
PVもめちゃくちゃカッコいい!


globeのPVの中ではこれが一番好きです。

 

1位:FACE

f:id:santonikaku:20160916110241j:plain
何度聞いても、やっぱりこれだなぁ…。
最初のKEIKOの声で涙腺がやられる。青春だったあの頃を思い出して目の奥がつんとする。

バス停でおしゃべりしている学生
明日のことは考えてもちろんいるけど
切実さは比べようもないほど明るい
あの人の胸にはすぐ飛び込めない

自分が学生だった頃、この歌詞の意味がよくわからなかったけど、今聞くと「うん、うん、わかる」と改めて思う。

globeは曲も歌詞もクオリティが高い。
「小室サウンドはどれも同じ」って批判もあったけど、思春期の時には心に刺さる曲も多かったよ。
中でも「FACE」は、もう一生抜けないくらい、強く印象に残った曲ですね。

 

globeの魅力

f:id:santonikaku:20150813233935j:plain
当時globeの曲は華原朋美や安室奈美恵よりも少し大人で、少し暗かった。
あの2人が太陽ならglobeは月だった。

でもそれがとても良かった。少し憂いを含んだKEIKOの声と曲調がとても合っていた。

「Get Wild」も「YOU ARE THE ONE」も「Stop! In the Name of Love」もKEIKOの声で聞くとしっくりくる。KEIKOの声が好きだなぁと思う。

KEIKOがまた歌手として復帰しなくても、これから先ずっと私はglobeの曲を聞くと思う。無理に復帰して欲しいなんて思わない。

ゆっくり体を休めて幸せな人生を送って欲しいなと心から思います。