読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70%

暇つぶしになる記事があればこれ幸い。

Google web fonts

【しくじり体験談】なぜ子供が万引きするのか?実際に万引きしていた頃の話

珍しい体験記

【スポンサードリンク】

小窓です。

本日は、「子供時代に万引きしてお店の人に見つかったしくじり体験」を書いてみようと思います。
今まさにお子さんの万引きに悩んでいる方がいましたら、当時の思いと今の私の気持ちをぜひ読んでいただければと思います。
※あくまでも自発的に万引きしたケースが対象です。

<スポンサードリンク>
 

万引きをしたきっかけ

f:id:santonikaku:20150812222538j:plain
私が初めて万引きを見たのは16歳の時でした。
万引きを「した」のではなくて、まずは「見た」のです。万引きをしたのは、同級生のちょっとやんちゃな悪友のB子ちゃん。

ある日、私はB子と一緒に雑貨屋に行きました。一通り見終わって何も買わずにお店を出た時、B子は手に何かを持っていました。

よく見たら、それはピアス。
最初は単に会計を忘れたんだと思いました。「あれ?それどうしたの?」と聞くと、B子は嬉しそうに「ゲットしてきた~♪」と言うじゃありませんか。

「え、まさか、これはいわゆる万引きですか!?」
「正解!」
「マジで!?え、いつの間に!?」
「小窓のすぐ隣で盗ったよ!気付かなかった?」
「………(゜ロ゜)!全然気付かなかった…!」


店内ではずっと隣にいたのに、全く気付かなかった。
え、私アホなの?

B子の鮮やかな手癖(?)に、当時の私はものすごく衝撃を受けました。
ここで「ダメじゃん!万引きは犯罪よ!」と思えれば良かったんだけど、いやちょっと思ったけど、それを上回る勢いで「すごい!」と感心してしまった。

ルパン三世に憧れる子供みたいな気持ちでした。泥棒がダメってわかっていても、その鮮やかさに感嘆してしまうような。

私が女子高生だった頃は悪いことするのがカッコイイ、という風潮がありまして。どこまで悪ぶれるか選手権が、無言の内にクラスで開催されていたのです。

今考えるとしょうもないけど、我がクラスはたくさん男性経験がある方が優位に立てるショムニ式を採用しており善悪の基準もなってなくて、悪事も1つのステイタスだったんですね。

そんな背景もあり、B子への感心がそのまま「いいな~、私もやってみたい」という好奇心に変わりました。
 

初めての万引き

f:id:santonikaku:20150819005125j:plain
同日、B子にコツ(?)を教えてもらって、別の店に入って盗んでみました。人生で初めての万引きです。

場所はとある雑貨屋さん。B子いわく「まずは鏡と防犯カメラのチェックだよ。死角は必ずあるから大丈夫」←ただのプロか。

初めてはやっぱりドキドキしました。悪いことしてるっていう罪悪感もあり、そして見つかったらどうなるんだろうっていう恐怖もあり。
でも、拍子抜けするくらい簡単に成功。お店を出た時は「やったー!」という感動ではなく「え?こんな簡単なの?」と驚いてしまったほど。

でもめっちゃ変な汗出てた。今まで滴らしたことのないような汗。
そして初めて盗んだものは今でも忘れない。600円の白いヘアバンドでした。

 

f:id:santonikaku:20150822222019j:plain
初めての万引きが成功したことは不幸にも私に自信を与えました。
お金払わなくても商品が手に入る。お小遣いが限られてる学生にとってこんなに嬉しいことはありません。

そして、調子に乗った私は徐々にエスカレートしていきます。
雑貨屋、ドラッグストア、スーパー…、一度味をしめるとやめられない止まらない。
レジでお金を払って商品を買うことが実にもったいなく感じるようになり、だんだん罪悪感も薄れてきました。
もはや日常的に盗みを働く私に、ついに天罰が下ります。

 

現行犯で捕まる

f:id:santonikaku:20150821160926j:plain
その日はB子と一緒にスーパーで万引きをしていました。
2人ともお菓子を盗んで、コソコソ店を出たところで「ちょっと待ちなさい」と声をかけられました。

振り返ると、そこには店長らしき人。
B子と2人で顔を合わせて固まりました。一瞬「逃げる?」とも考えましたが、足が動かなかった。
事務所みたいなところに連れて行かれるのかと思いきや、店を出たところにある駐車場の隅に連れて行かれました。

「どういうつもりだ。カバンの中身を見せなさい」と言ってきたのですが、なぜか問い詰められているのは私だけ。B子の万引きには一切気づいていない様子でした。

素直に鞄を見せ商品が出てくるやいなや「お前が盗んだのはこれが初めてか。答えろ!!」とものすごい怒鳴られました。その店長の恐ろしさたるや、今まで叱られた中ではダントツで怖かった。多分足震えてた。

「すみません」「ごめんなさい」と小さな声で謝ると、「今日のところは勘弁してやるけど、今度やったら学校と警察に通報するからな!」と言われ、釈放されました。 

帰路につく時の私は、この世の終わりみたいな顔していましたね。 

f:id:santonikaku:20150821161654j:plain
私「もうだめだ…人生オワタ…」
友「まぁ、気にすんなよ」

捕まらなかったB子は非常に楽天家だったので「学校に通報されなくて良かったじゃん」と呑気に励まして(?)くれましたが、私はもう再起不能でした。
「悪いことをした」と落ち込む気持ちもありましたが、それ以上に怒られたことの恐怖でふさぎ込んでしまったのです。

実際、その店長はめっちゃ怖かった。
女子とか高校生とかおかまいなくビンタくらいしてきそうな勢いでしたから。

もちろん、その日を境に今日まで万引きは一切していません。
きちんとレジでお金を払って商品を買う。当たり前のことですが、ちゃんと生きたいなら悪いことをしてはいけないんだ、と深く深く反省しました。

あの時、もし優しい店長で「ダメだよ?これはお金を払うんだよ?」って言われてたらどうだっただろう。
もちろん、同じように万引きはやめたと思う。でもこんな風に「しっかり生きよう」と強烈に刻みこまれることはなかったんじゃないかな。

怒られた時は恐怖だけですが、時間が経つとそれは心に残ります。
大人の男の人に体がすくみあがるほど叱られる。やってはいけないことを教えてもらう。とても大事な体験だったと思います。

<スポンサードリンク>
 

なぜ子供が万引きするのか?悩む親御さんに言いたいこと

f:id:santonikaku:20150821161900j:plain
私が万引きをしていた理由は単純に「お金を払わず簡単に物が手に入るから」。それ以上でもそれ以下でもありません。

でもそれも怒られればすぐ引っ込めるような惰弱なもの。
モチベーションなんてほぼないんです。B子がやめたら一緒にやめてたかもしれない。一時的な好奇心と出来心です。

子供の万引きに対して「親としてさみしい思いをさせてしまったから」とか「普段厳しく言いすぎてるから」とか、自分の責任問題にしてしまう親がいますよね。
きちんと自分に向き合う姿は素晴らしいのですが、お説教にそれを混ぜるのは違うんじゃないかなぁと思うんですよ。

もちろん、親が原因で盗みをしてしまう子もいるかもしれない。
でもそれを子供に押し付けてしまうと問題の本質がぶれてしまいます。

なので、「寂しかったのね?」と聞いたり「お母さんにも悪いところがあったから」と親が反省する姿を見せるのは絶対しない方がいいと思います。

自分の責任は自分だけで反省し、子供にはトラウマになるくらいド叱るべきです。
「叱らずに子供の気持ちに寄り添おう」なんてただの自己満足。そんなことしたら、ろくな大人になりませんて。

恐らく、自分が子供の頃に万引きした経験が無いと、子供のしたことに引いちゃうのかもしれないですね。どう対応していいかわからないから叱れない。
そこに自分の反省をかぶせるのは自分がスッキリしたいだけの親のエゴですよ。親はスッキリしても子供には歪んだ形でずっと残ってしまう。 

せめて「お母さんにも悪いところはあった。でもだからってやっていいことと悪いことの区別もつかんのかゴルァーー!!」というスタンスでお願いします。 
その方がよっぽど愛情を感じますよ。現に私は、あの時震え上がるほど怖かった店長に、今では感謝しかない。
 

万引きに興味ある&万引きしている10代に言いたいこと

f:id:santonikaku:20150822222135j:plain
語弊がありまくりかもしれませんが、敢えて言う。
好奇心だけの万引きなら10代のうちにやっておけ。

誤解しないでほしいのですが「成人以降にするよりは、まだ若いうちに済ませておく方がいい」という意味ですよ。水ぼうそうと同じ発想です。

自分を正当化してるわけじゃございません。もちろん、犯罪に一切手を染めないで生きるのが一番良いと思います。マジで。

でも悪いことに憧れちゃう時期ってあるから。
行動に移すなら早い内がいい。社会人になってから数百円の盗みで人生終わるよりはマシだと思う。

あーやっぱり非常識なことを言っていますね。親御さんすみません。

 

と言うかだってさぁ~(開き直った)
万引きしてた私が何言ったって説得力ねーもんよ。
「偉そうに説教こいてんじゃねーよてめーもやってたんだろーがこのクソババァ」と思われてるでしょ。どうせ。

 

だから敢えて言うよ。
自分で責任を取れるならやってみるがよし。
そして心の臓が縮み上がるくらい叱られて目を覚ませ。
叱られるうちが花ですよ。大人になったら誰も叱ってくれないんだから。

誰にも見つからず叱られず、自分で「もうやめよう」って気づいて、万引き引退できればそれもよし。と言うか、ほとんどの子はそうなる。

B子は私より常習でしたけど、強運ゆえに最後まで見つかることはなかった。結果、自分からやめていました。
彼女も今や2児の母です。当時を振り返り「あの頃の自分はつける薬のないバカだった」と言っています。

このように、後で「バカなことしてた。本当に申し訳ない」って反省するんですよ。意外とみんな更生するのよ。悪ぶりたくても常識人だったりするんだって。

私は自分の子供がもし万引きしたら、目を血走らせながら叱りますよ。自分のことは棚に上げて、棚の下で大説教大会ですよ。
お店の人に謝りに行く時も「親が謝る姿を子供に見せなきゃ」なんて思わん。そんなもの見るヒマがあったら謝れ。まず謝れ。土下座しくされ。
 

さいごに

当時の私は、両親に万引きがバレることはなかったのですが、バレてたらめちゃくちゃ叱られて家を追い出されていたと思います。厳しい家でしたから。

でもそこで私が「いつもお母さんたちが厳しいから寂しかったの。だからついつい盗んじゃって…」って言い訳しても、「それがどうした甘えんな!!」ってぶん殴られてたと思う。

でも例えそうされていても親を怨んだりしないです。だって悪いのは自分だから。
子供にやってはいけないことをきちんと認識させるためには同情は不要です。不憫さはグッとこらえましょう。

子供の万引きは親にとってはショックなことですが、「叱る」という一番シンプルな方法で子どもと向き合うのがいいと思います。
親は、子供が成人する前に悪事への好奇心を留める義務があります。子供に寄り添うなんてことは友達や兄弟に任せて、ド叱ってやればいいんですよ。

「どうしてこうなった」なんて子供に聞いてもわかりません。ノーリーズンです。
そこを追求するより、親の役割を果たすのが大切かなと、私は思います。