読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70%

暇つぶしになる記事があればこれ幸い。

Google web fonts

【Twitter】鎌倉市図書館のツイートに市教委が一時は削除要請→(゚Д゚)ハァ?

芸能・ニュース

【スポンサードリンク】

小窓です。

2日前、鎌倉市図書館がTwitterでこんなことを呟き話題になりました。 

この呟きは8万以上リツイートされ大反響を呼びました。
その殆どは「素晴らしい」「有難い」「これは嬉しいと思う」など賞賛の声なのですが、昨日鎌倉市教育委員会は、図書館に対してツイートの削除を要請していたことが明らかになりました。

www.huffingtonpost.jp

「学校を休んで」や「学校へ行くくらいなら」など、学校へ行かなくてもいいとも受け止められる部分が、学校教育と図書館を管轄する鎌倉市教育委員会内部で「不適切な表現では」と議論になったという。
教育長や教育委員会教育部長、中央図書館長らが話し合ったところ、「投稿を削除するべき」という意見も出たが、図書館側が「子どもたちに自殺しないでほしいという思いで書いたもの」と説明、ツイートはこのまま残すことに決定した。中央図書館の菊池隆館長は、「皆さんが共感を持ってくださった。今後も図書館のTwitterは継続していきます」と話している。

 
結果的に削除はされずに済みましたが、まぁ何というか、こういう時だけは教育委員会の対応ってとても早いんですねー(棒)
いじめが原因で生徒が自殺してしまった時はなかなか動かないのにねー。
こういうニュースを見ると、図書館に対して「自分たちの方が上である」という学校側の傲慢さが透けて見える。
そのくせいじめ対策に何をするわけでもなく、「誠に遺憾です」と渋い顔をするだけなんですよね。

ばばぁになると「そんな学校こっちから願い下げじゃー!」と言い返せるんだけど、子供ってのは立場的に弱いから大人たちの何気ない言い回しにいつも振り回されるのです。
だから「子供が学校に来なくなってしまったら困るだろう」なんて迂闊に言わないで欲しい。その言葉を権力者が使うことで、子どもの心にどれだけ不安を与えているかわかるのでしょうか。
もっと言えば、ツイートの削除要請が記事になった時点で「ああやっぱり図書館に行ったらダメなんだ」っておびえる子もいたと思います。
自分たちが、良くも悪くも子供に大きな影響を与える立場だって教育委員会は自覚してるの?あぁん?(゚Д゚)o
 

f:id:santonikaku:20150828120456j:plain
通常の状態なら、日本は義務教育ですから学校に行くのは当たり前ですが、学校に行きたくない子にとっての「学校に行け」は、緊急竜巻警報が出ているのに家の外に出ろと言われているようなもんですよ。恐怖以外の何者でもないですよ。

全国で新学期に学校に行きたくないと思ってる子はたくさんいると思います。その子達もこのツイートを見たかもしれません。
しかし、このツイートは鎌倉市の図書館が発信したもので、うちの近所の図書館が歓迎してくれるとは限らない。下手したら学校に連絡されるかもしれない。私は図書館にも逃げられないかもしれない。

全国にそうやって恐れている子がまだたくさんいますよ。
鎌倉に続いて全国の図書館にも「うちにもおいでよー」「こっちも大丈夫だよー」と発信してほしいですね。
鎌倉市の教育委員会が削除要請したことで、世論が「市教委は何もわかっちゃいねぇ」と叩かれている今だからこそ、各自治体の教委を恐れずに断行してほしいと願います。

さいごに、今日の西原理恵子さんのツイート。 


確かに。本がダメなら音楽を聞けばいいじゃない。
パンがなければお菓子を食べればいいのよ。
道はいくらでもあるさ。いつも心にマリーアントワネットを。忘れないでね。