読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70%

暇つぶしになる記事があればこれ幸い。

Google web fonts

【相棒と私】相棒の個人的に好きな回ベスト15位~1位

選んでみた 相棒(ドラマ)

【スポンサードリンク】

小窓です。

 

前回の続き(15位~1位)です。

<広告>
 

15位:裏切者(Season5)

f:id:santonikaku:20150918130859j:plain
出演/金田明夫
脚本/櫻井武晴 監督/長谷部安春

亀山刑事が初めて小野田官房長に認められる。
それを美和子さんに伝えるのがまたいい!熱血漢の亀山くんらしく最後まで正義を持って容疑対象と接するところは素晴らしかった。病室のシーンは何度見ても号泣します。
警察の不祥事といえば櫻井武晴だよね。
この人、元警察官なの?もしくは警察によっぽど恨みでもあるの?(笑)ってくらい警察の不祥事ネタに詳しい。


14位:双頭の悪魔3部作(Season3)

f:id:santonikaku:20150918130431j:plain
出演/木村佳乃 本田博太郎
脚本/輿水泰弘 監督/和泉聖治

片山雛子初登場の回。ドラマ版では一番長編の話。
事件自体は単純な殺人だけど、容疑者がたくさんいて真相になかなかたどり着けない。
f:id:santonikaku:20150914150314j:plain
木村佳乃の表と裏の顔の演技が秀逸。
この時まだ28歳で、あれだけの演技力…すごいよね。そりゃヒガシも惚れるわ。
むしろその後の片山雛子の話を描きたいがための伏線だったのでは?と思うくらい存在感がありました。
ゆっくり平家物語を呟くシーンが大好き。この時はまだ彼女が強大な野心を持った政治家だということには気付かなかったのですが…。


13位:ピエロ(Season10)

f:id:santonikaku:20150918130540j:plain
出演/斎藤工 吉田栄作 大橋のぞみ
脚本/太田愛 監督/和泉聖治

公式ファン投票で第1位に輝いた名作。
当時まだ今ほど知名度がなかった斎藤工が異彩を放っていた。
あの始まり方だったら吉田栄作が主役かと思うじゃん。まさかの大どんでん返しでした。声がキムタクに似ていて聞いてて心地よかったわー。
神戸くんの相棒らしさが一番出ていた作品はこれだと思う。だからファンの人気も高いんでしょうね。亀山くんでは実現しなかったシナリオだと思う。
大橋のぞみちゃんはこのドラマを最後に、芸能界から引退。最後の輝きを最高の形で見せてくれました。


12位:BIRTHDAY(Season11)

f:id:santonikaku:20150918130551j:plain
出演/加藤清史郎
脚本/古沢良太 監督/橋本一

これもファン人気が高い作品。終わり方が今までにない演出で良かった。
この作品で、右京さんの長年の夢が叶うんだな。長年の相棒ファンからすると「あっ!…おおおおお!!」ですよ。
加藤清史郎くんはやっぱり良い俳優さんだなと思った。
子役ってただ可愛いだけじゃなく、少年や少女の一瞬の時間を役に捧げるところが強みだと思うんですよね。成長してしまったらこの時の良さは二度と出せない。
『千と千尋の神隠し』の入野自由が、声変わりでもう2度とハクの声が出せないのと同じですよ。
本当に一瞬の輝きなのですよ。でもそれが美しいんですよ。


11位:閣下の城(Season4)

f:id:santonikaku:20150914152430j:plain
出演/長門裕之 津川雅彦 高橋かおり
脚本/輿水泰弘 監督/和泉聖治

長門裕之さんと津川雅彦の共演!それだけでオラ、ワクワクしてきた!状態なのに、繭子役の高橋かおりもすばらしい。
ストーリーはSeason1の最終話を見てからの方が楽しめるかも知れない。
高橋かおりはその昔、真田広之と熱愛の相手と報道されてた人…確かに10代から色気があったわ。
大人になるとこんな風になっちゃうのね。女ってすごいのね。


10位:右京、風邪を引く(Season8)

f:id:santonikaku:20150918130701j:plain
出演/東風万智子 滝直希
脚本/古沢良太 監督/東伸児

過去と現在の時間軸が交じり合う不思議な演出の作品。
右京さんと神戸くんの追求に動じない東風万智子さんの演技が印象深い。都会で一人で生きていく女性のリアルな声を聞いた気がした。
右京さんが真実を語った後、一人で無言で佇むシーンがすごく良かった。
全ては特命係のおかげなのに、それを知らずに犯人を突き止めたと勘違いして「オレの手柄だぜ」と浮かれるイタミンが可愛いww


9位:狙われた刑事(Season8)

f:id:santonikaku:20150918130717j:plain
出演/加藤虎ノ介 村田充
脚本/戸田山雅司 監督/和泉聖治

私は伊丹さんが大好きなんだね。だから伊丹さんが主役のこの回が上位に来てしまうんだね。
この話はすごくいいんです。
過去の後悔に悩むイタミンを神戸くんが優しくフォローするシーンは何度見てもハァハァする。萌えすぎて。
こういう機転がきくのは神戸くんならではだよね。芯が優しいからキュンキュンする。
そしてラーメンにニンニクは入れちゃうよね~。

<広告>
 

8位:アンテナ(Season10)

f:id:santonikaku:20150918130727j:plain
出演/萩原聖人
脚本/櫻井武晴 監督/和泉聖治

「引きこもり」という現代の問題にメスを入れた作品。
引きこもりを続けて社会復帰できない青年に対して右京さんがかけた言葉は、ネット上でも大きな話題になりました。そしてタイトルにもなった。
そこに若干空気読めない相原刑事(萩原聖人)を足したのは憎い演出だった。一番説得力を持たせられるキャラだったから。
米沢さんとの掛け合いが息が合ってて、やっぱり力量のある俳優さんは違うなと思いました。映画でもドラマでも違和感が無くてストーリーがわかりやすい。
ミッチーが脇役なのに、ちゃんと存在感を出せているのが素晴らしい。
やっぱり力量のある俳優さんは以下略。


7位:監禁(Season4)

f:id:santonikaku:20150914152721j:plain
出演/佐藤江梨子
脚本/古沢良太 監督/和泉聖治

サトエリちゃんの狂気に満ちた前科持ちの女性キャラが好きだわ~。この人のぶっ飛んだ演技は迫力があるね。
肉体派の亀山くんがボコボコにやられてしまうシーンも、エグいけど笑えてしまう。
亀山君が右京さんのモノマネするシーンもあって見応え充分です。あれ必要か?(笑)
ラストの展開は全く予想がつきませんでした。一緒になって「えーっ!?」と言ってしまいました。


6位:ボーダーライン(Season9)

f:id:santonikaku:20150918130740j:plain
出演/山本浩司 
脚本/櫻井武晴 監督/橋本一

第6位に入れといてなんなんですけど、「本当にこういうのやめてくれませんか。」と言いたくなるような残酷な回です。
健康で働く気もある1人の青年が、社会に振り回され食いつぶされ、どんどん堕ちていくと言う容赦ないストーリーです。
この回は気軽に見れません。相当落ち込むことを覚悟しないと見れません。
それでもファン投票でも上位で、相棒ファンのみならず多くの視聴者に衝撃を与えた回でした。
作品の重みが強すぎて、現実を突きつけられているのが辛くなってくる。弱者の言葉なき抵抗をここまで表現したキャスト・スタッフの方々に脱帽です。


5位:密愛(Season7)

f:id:santonikaku:20150914151720j:plain
出演/岸恵子 国広富之
脚本/古沢良太 監督/和泉聖治

岸恵子と右京さんのおしゃれな会話が大好きです。
この頃は相棒不在で右京さん1人の特命係でしたが、むしろそういう時期でないと成り立たなかったストーリーですね。
右京さんが一番苦手とする男女の機微についての話だったし、さらに相手がフランス文学の教師ですから、右京さんがまるで子供のようにたしなめられていて可愛かった。全体的にレアな回でした。
だってこんな優雅な謎解きのシーンがかつてあっただろうか。いや、無い。


4位:蟷螂たちの幸福(Season6)

f:id:santonikaku:20150918125901j:plain
出演/荻野目慶子 江藤潤
脚本/戸田山雅司 監督/和泉聖治

ストーリーも面白いのだけど、何よりも荻野目慶子の妖艶な魅力がたまらない。右京さんが霞むくらいのオーラを放ってました。
動機が最後までわからず、解決シーンを見て納得したけれど切なかった。女流小説家ならではの苦悩なんだろうな。
ずっとクールで冷酷なイメージの荻野目さんが謎解きのシーンで感情的に泣き叫ぶシーンが好きです。
彼女が出した答えが正解かどうかは意見が分かれるでしょうが、私にとっては正解だった。


3位:バベルの塔(Season5)

f:id:santonikaku:20150918130750j:plain
出演/大塚寧々 杉本哲太 遠藤章造
脚本/古沢良太 監督/和泉聖治

登場人物の良さが全て凝縮された作品。ストーリー展開も動機も人物描写もラストも文句なしです!
Season5の時点では、これがずっと1位でした。これを抜く作品は無いと思ってた。
珍しく特命係と大河内検察官とやり合う場面もあり。けどここから大河内さんは特命係に一目置いて、ずっと協力してくれるようになるんだよね。
右京さんの手話のシーンは鳥肌が立った。手話が必要になる経緯も練ってあるよね~。
この回のオープニングに流れる「カルミナ・ブラーナ」が大好きです。この厳かさと得体の知れない恐怖感がたまらない。

これをいきなり初めに持ってきたスタッフのセンスがずば抜けているというか。
けど、全体を通して見るとこの曲ほどストーリーに似合うものもない。大塚寧々の苦悩にピッタリ合っていた。
杉本哲太も良かったなぁ…。ラストに、たまきさんに電話するシーンもほっこりしたなぁ…。ああ、また見たくなってきてしまいました。



本当なら2位の発表なんですが…
どうしても選びきれなくて、1位は2つランクインです。


1位:レベル4(Season7)

f:id:santonikaku:20150921000736j:plain
出演/袴田吉彦 大路恵美
脚本/輿水泰弘 監督/和泉聖治

亀山刑事最後の事件。
『バベルの塔』以上の作品はないと思っていたのに、この回はずるい。
こんな素晴らしい作品を作られたら、1位にしないわけにはいかんだろうて。
公式サイトのファン投票では、これが2位で1位が「ピエロ」なんだけど、何度考えてもやっぱり私はこっちです。
一番「相棒」らしさが表現されている至高の一作です。監督の和泉さんはこれで燃え尽きちゃうんじゃないかと心配しましたよ。
ここに集まった全キャスト・全スタッフがどれだけ「亀山薫」を愛していたかがひしひしと伝わってくるのよ。そうじゃなきゃこんなに素晴らしい話にはならない。
f:id:santonikaku:20150918130809j:plain
そしてこの回のゲストとして呼ばれた袴田吉彦のキレっぷり。
容疑者のしでかした行為に本気でブチギレる三浦刑事。
犠牲となった米沢さんや他の警察官の、警察としての矜持。
いつもは表情一つ変えずに淡々と指示を出す右京さんが、震えながら亀山君に自分の推理と指示を話す場面。
特別な言葉も挨拶もなく、いつものように憎まれ口を叩き最後は背中越しに亀山くんに別れを告げる伊丹刑事。
これが1位じゃないなんてどうかしてる。これが相棒なんです。


1位:聖戦(Season9)

f:id:santonikaku:20150918130829j:plain
出演/南果歩 白石美帆
脚本/古沢良太 監督/和泉聖治

1位は『レベル4』だけで充分なんです本当は。1位は圧倒的に『レベル4』です!って言いたいです本当は。
けど、どうしてもこの回も外せない。
ぶっちゃけ、この回の右京さんと神戸くんは空気でした。彼らは真相を追い求めて容疑者を探し出した。それだけ。
いや、それがいつもの相棒です。いつもはそれで相棒らしさが出るのに、この回だけはそうならなかった。
理由は、南果歩の演技とストーリーの恐ろしさ、そして気が遠くなるような母親の執念でした。

f:id:santonikaku:20150920235357j:plain
私は『容疑者Xの献身』が大好きなんですけど、あれと似ています。
あれは本来テレビドラマ『ガリレオ』の映画化なのですが、主役であるはずの福山が完全に置き去りで、堤真一と松雪泰子が全て、みたいな作品になってましたよね。
この話も、南果歩が全てなんです。
南果歩の母親の執念がとり憑いたような演技がこの作品の原動力でした。そこに全てが引っ張られる、そんな印象でした。
基本、女性が犯人の回はどれも肝が据わった犯人ばかりですが、南果歩の覚悟は他を寄せ付けない。タイトルの『聖戦』も神々しくさえ見えてきます。
けど、同じ母親として気持ちは痛いほどわかる。
人は、特に女性は、極限まで憎しみが極限まで達すると驚くほど冷静になれるものです。



いかがでしたでしょうか。
勘の良い方は気づいたと思うのですが、私のベスト30はほとんどが亀山君と神戸くんの相棒の回ばかりです。
Season10までは何度も何度も見返しているからです。
Season11以降はほとんど見ていません。まぁそういうことなんですよね。話はおもしろいんですが、やっぱりカイト君のキャラがどうしても自分的にイマイチだったんです。

亀山君のように学がないことをいじられたり、伊丹さんたちとのわちゃわちゃがあったり、神戸くんのように頭脳派同士のテンポの速い展開を楽しめたり、そんな神戸くんを時々いじめる右京さんの姿を見られたり、本筋のストーリー以外のちょっとしたシーンが相棒の良さだったんです。
カイト君の時はそれが無かった。お父様との確執だけで、それもインパクトが薄かった。あと恋人の笛吹悦子さんがキャラクターとして完璧すぎてつまらなかった。

そして長く相棒を支えた小野田官房長と三浦さんがいなくなったことも大きいのかもしれません。

仲間由紀恵さんに期待したいですね。
あともうちょっとお茶目なキャラを増やしてほしい。角田課長と陣川くんだけやん。お茶目枠が足りない!
だから4代目の反町隆史にはうっかり者のひょうきんキャラを期待してたのにな~。

さて、相棒シリーズはまだまだ行きますよ!
次回は「ベスト30話には入らなかったけど好きな回」を紹介します。てか、紹介させて。
だって相棒って全シリーズで250話近くあるんですよ!?
そのほとんどが素晴らしいんですよ!?30話紹介したくらいじゃ消化不良だっつーの!

というわけで、次回は「ベスト30に入らなかったけどどうしても紹介したい回」をお届けします。