読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70%

暇つぶしになる記事があればこれ幸い。

Google web fonts

【相棒と私】ベスト30に入らなかったけどどうしても紹介したい回

相棒(ドラマ) 選んでみた

【スポンサードリンク】

小窓です。

私、夫に「相棒ソムリエ」と呼ばれているのです。

「今日はこういう気分だからこういうのが見たい」と言われれば「かしこまりました」とすぐご希望に添う内容の回を勧めることが出来るからなのです。

ただし、それはseason10まで。season11以降はほとんど1回しか見てないものばかり…。
なので今回もseason10までで、どうしても紹介したい話を載せています。
成宮くんの相棒が好きな方はごめんなさいね。

<広告>
 

おじさん・スーツ好きが萌える回

やっぱり相棒の良さは愛すべきおじさん俳優が数多く出演するところだと思うのよ。
それをめっちゃ堪能できる回を厳選いたしました。楽しかった…!←

ロンドンからの帰還~ベラドンナの赤い罠~(season2)

f:id:santonikaku:20150922215528j:plain
出演:須藤理彩
脚本:輿水泰弘/監督:和泉聖治

相棒の中で群を抜いて「動機が怖い」回でしょう。
いわゆる「誰かに盗られるくらいならあなたを殺していいですか」っていう天城越えな感情なのね。
おじさん好きでファザコンの私は、彼女の気持ちは少しわかりました。
若い女性が、右京さんや浅倉さんみたいな頭脳派の大人たちと渡り合うのは珍しい。
若くて綺麗な女性が次から次へ男を乗り換えて、次から次へ男を殺してしまう。迷いがない。
こういう事件は、海外の猟奇犯罪によくあるタイプなのですが、大体犯人は男性で殺害の対象は女性でした。
しかし、これはあえて犯人を女性にして、理性的に冷静に目的を淡々と達成するのが見ていて少し小気味よかった。


剣聖(season5)

f:id:santonikaku:20150922214411j:plain
出演:原千晶 誠直也 亀石征一郎 藤間宇宙

脚本:古沢良太/監督:西山太郎

伊丹さんが剣道強い設定とか、脚本の古沢良太は私を悩殺する気か…!
ハートを持ってかれる!!道着姿の伊丹さんがかっこよすぎてストーリーとかもうちゃんと見てないかもしれ~ん。
いや、見てた見てた。でも伊丹さんにしか目がいかなかって~ん。
剣の先生のために特命係を頼る伊丹さん、好き~。最後のメロン、激萌え~!!


沈黙のカナリア(season7)

f:id:santonikaku:20150922221659j:plain
出演:眞島秀和 大沢健 磯部勉

脚本:徳永富彦/監督:東伸児

眞島秀和が相棒に出た記念すべき回。
この時はまだ若かったからおじさん好きの琴線には引っかからなかったけど、後々考えて「あの人かっこよかったなぁ」と思ったんですよね。
で、調べたらめっちゃいい感じに成長中ですからね。うーん、今後も楽しみだわ。

肝心のストーリーは、議員会館に爆発が運ばれると言うかなり危ない話で「これ1時間で決着つくの?」と心配になってしまいます。余計なお世話ですが(笑)。
けど、相棒ってそういう回がわりとある。「これ1時間で収まる?!」と思いたくなるような壮大な話が多いです。
けど動機もストーリー展開も満足いく回ばかりなのだからすごいですよね。


鶏と牛刀(season8)

f:id:santonikaku:20150922222953j:plain
出演:久遠さやか

脚本:櫻井武晴/監督:東伸児

櫻井さんは年金問題も扱ってましたか!いや、本当にお見事です。
ストーリーは正直それほど好みではなかったです。それよりもおじさんですよ。この回はおじさん萌えシーンが多すぎた。
萌えシーン①小野田官房長
「鶏を割くに焉んぞ牛刀を用いん」という故事をつらつらと右京さんに話す小野田官房長が最高だった。
この回は小野田さんが暗躍していていい味出してます。やっぱり相棒に必要だよ、小野田さんは。
萌えシーン②右京さんvs神戸くん
組対5課と暴力団にガサ入れ行くシーンでバスの中で揉めるんですよ。理論と理論のぶつかり合い。
この時のミッチーが可愛かったな~。「ああもうっっ!!」って結局折れてついてくところが萌えすぎて辛い(;´Д`)ハァハァ
他にも、神戸くんが変装してまで右京さんの後についてくるシーンね。あれも遊びがあって良かった。
で、すぐバレると言う(笑)。いいようにあしらわれてる神戸くんに激萌え。
最後のシーンで神戸くんがどこにいたかは大体わかったんだけど、あれは本人かな?女装ですよね?(笑)。
女装って難しいと思うけど、ミッチーならハードルが低くなってしまう謎。
萌えシーン③伊丹さんと芹沢さんの優しさ
見た人ならわかると思うけど、あれよあれ!あのシーンはもう~ずるい~。
ちょっと居づらくなって席を立っちゃうイタミンの背中に抱きつきたい(;´Д`)ハァハァ


堕ちた偶像(season8)
f:id:santonikaku:20150918154727j:plain
出演:田中哲司 竹本孝之 石井萌々果
脚本:太田愛/監督:近藤俊明

田中哲司と言う人選が素晴らしかったね。
正義を貫く政治家で人望も厚かったのに、理想を負いすぎた結果破滅に向かってしまうという切ないストーリーです。
良い人と悪い人の使い分け?が素晴らしかった。めっちゃキュンキュンしました。
子役の女の子の喋り方がちょっと狙いすぎな感じで気になった。演技は上手なのに、なんであんなたどたどしいんだろ。わざと?

 

深く考えずに気楽に見たい

深くて複雑な話は眠くなっちゃう。単純でおもしろくて気楽に見られる話が好き。
そんな方にオススメの回を集めてみました。

season5と10に偏ってしまっているけど、このシーズンはそういう回が多かったんです。
特にseason5は軽快に見れる回が豊富だった。
それとは裏腹に重いテーマの時はとことん重た~いのだけどね。いずれにしても名作揃いでした。

スィートホーム(season5)

f:id:santonikaku:20150918154523j:plain
出演:国分佐智子 夏生ゆうな
脚本:古沢良太/監督:森本浩史

コメディ感たっぷりの一作。何も考えず1時間笑って見れます。
トリオ・ザ・捜一がおもしろい。亀山君に捧げる即興の歌は爆笑した。
亀山君らしい体張るシーンも必見だし、美和子さんとの掛け合いも笑えたし、これは亀山相棒ならではの作品です。
脚本家の古沢さんは亀山君の活かし方がよくわかってるわ~と思いました。


名探偵登場(season5)

f:id:santonikaku:20150918155624j:plain
出演:高橋克実
脚本:戸田山雅司/監督:長谷部安春

高橋克実の良さをふんだんに盛り込んだすばらしいシリーズ。
「脳ある鷹は爪を隠す」という作品ですね。キャラも会話も右京さんとよく合ってた。
脚本家の戸田山さんは、相棒ファンが何をしたら喜ぶかよくわかってる!
亀山くんが思いっきりマーロウ矢木に踊らされてるのが見ていて小気味良い(笑)。

殺人ワインセラー(season5)

f:id:santonikaku:20150918154646j:plain
出演:佐野史郎 柄沢次郎 秋山エリサ
脚本:櫻井武晴/監督:和泉聖治

初心者向き。ファースト相棒にはオススメです。
ストーリーが最高におもしろい!動機とそれをつなぐ展開がとても良かったです。
重たいテーマを得意とする櫻井武晴の脚本にしては軽快で見やすい。和泉監督があえてそうしたのかな?
ただ亀山君の姉として1回きりの出演になってしまった戸田恵子と同じく、佐野史郎をたった1話で終わらせてしまうのはもったいないなーと思ってしまいました。
めっちゃいいキャラだったからね。
このドラマで「ロマネ・コンティ」と同じくらい高価なワインがあると知ったよ。
パルトネール!飲みたい!ワイン飲めないけど!


ツキナシ(season5)

f:id:santonikaku:20150918154533j:plain
出演:川崎麻世 渋谷琴乃
脚本:西村康昭/監督:近藤俊明

構えず見れて、それでいてストーリーがよくできていて、飽きずに何度も見れちゃう。
川崎麻世のブレないナルシスト感と渋谷琴乃の冷めた演技が良かった。

渋谷琴乃は昔、高橋かおりと同じ学園ドラマに出ていたんです。役柄はそれぞれ、破天荒で明るい琴乃ちゃんと冷静で不器用なかおりちゃんだったけど…
うーん、2人とも大人になったね!私も年取るわけだ。


悪友(season10)

f:id:santonikaku:20150918160159j:plain
出演:金井勇太 三宅弘城 松本実 甲斐まり恵
脚本:徳永富彦/監督:東伸児

最後まで「え?誰?誰が黒幕?」ってハラハラしながら見れる回です。
season8の『怪しい隣人』の3人のその後を描いたストーリーで、相変わらず三宅弘城さんがいい味出してる。出しすぎてる。
金井さんもボケ~としながら、ちゃんと自分の立場を崩さずに接していて良いんです。この天然トリオももう1回見たいな!(笑)
神戸くんが地味にツッコんでるけど、華麗にスルーされるところも面白い。
ラストの展開は全く読めませんでした。

名探偵再登場(season10)

f:id:santonikaku:20150922224521j:plain
出演:高橋克実 松岡由美 矢柴俊博 陽月華
脚本:戸田山雅司/監督:近藤俊明

マーロウ矢木再び!
一部では「新しい相棒は高橋克実でいいじゃない」って意見が出るほどファンに愛されているキャラなのです。新シリーズでもう1度くらい登場してほしいな。

亀山くんほどは振り回されない神戸くんだけど、完全に矢木さんのペースであまり活躍できてないところがかわいい(笑)。矢木さんの人間性がよく出てる名作です。
矢柴俊博さん、いいキャラだったよね~!!私がぜひ嫁に行きたい(笑)。

<広告>
 

陣川くんが好きすぎる

ミスターKYの憎めないお茶目キャラ・陣川警部補。
彼が活躍する回は他にもあるのですが、個人的に好きな回を 3つ選んでみました。

 

第三の男(season3)

f:id:santonikaku:20150922224102j:plain
出演:原田龍二 遠藤久美子
脚本:砂本量/監督:長谷部安春

記念すべき陣川くん初登場の回。
原田龍二が、見ていてイライラするくらいドンくさいキャラを見事に演じていた。
亀山くんとの言い合いも完全に子供の喧嘩みたい(笑)。
対伊丹さんとはちがう趣きで楽しめるよ。「素人でゴメンねッ!!」はいつ見ても笑っちゃう。
そして右京さんはそんな陣川くんのこと嫌いじゃないんだよね。
この時から現在に至るまで陣川公平のキャラが一切ぶれてないのは素晴らしいです。


陣川警部補の災難(season6)

f:id:santonikaku:20150922221255j:plain
出演:原田龍二 高橋ひとみ
脚本:戸田山雅司/監督:森本浩史

ファンドマネージャーとか株式市場とか、一般には縁のない世界のことでも亀山くんと美和子さんのおかげで、わかりやすく伝わるように工夫しているところがありがたい。
高橋ひとみはもう少し小奇麗に見せられただろうに、あえて地味っぽく演技してるのが憎い演出ですね。

f:id:santonikaku:20150922224335j:plain
前回と今回で、陣川くんの人柄がきちんと定まった気がします。
一本筋の通った真面目な警察官(経理)なのに、女性に弱すぎるっていう。愛くるしすぎるww


運命の女性(season9)

f:id:santonikaku:20150922223702j:plain
出演:原田龍二 京野ことみ

脚本:太田愛/監督:近藤俊明

陣川くんが出演する話の中で一番好き!
相変わらず笑えるけど、ちょっと泣ける。この人が一番陣川くんを幸せにしてくれたんじゃないかってちょっと期待しただけに余計せつないね。
京野ことみの役柄も良かったな~。もっと評価されていい女優さんだと思うけどなぁ。
陣川くんのキャラに持って行かれちゃうけど、なにげにストーリーもすごく凝っています。
やっぱり太田愛さんは人を描く脚本家なんだな〜というのがわかる名作です。

 

切ないストーリーの回が見たい

時々ありますよね。メランコリックな夜。
どうしようもない切なさを求めちゃう時にイチオシの話を集めてみました。
本格的に切ないやつはベスト30に入れちゃってるので、やや切ないものを。

最後の着信(season4)

f:id:santonikaku:20150922001043j:plain
出演/桐谷健太 中西良太
脚本:櫻井武晴/監督:西山太郎

これ多分、桐谷健太の役柄が作品にかなり大きな影響を与えてると思うのよね。
麻薬の売人で警察のスパイで、決していい人ではないのに、なんか憎めなくて愛すべきキャラを見事に演じてたなぁ。
そして真犯人が最後までわからなかった!!
この伏線の入れようたるや、本当に相棒のスタッフには頭が下がるわ。
結末やそこに行き着くまでの経緯がひどいだけに、桐谷健太の底抜けに明るいキャラがより切なさを誘うのです。


黙示録(season6)

f:id:santonikaku:20150922220231j:plain
出演/林隆三 石橋凌 ベンガル
脚本:櫻井武晴/監督:和泉聖治

はい出た!はい櫻井武晴!
櫻井武晴の脚本はどれも本当にすばらしいのだけど、何よりも相棒の切なさをよく理解し、表現することに長けた脚本家だなぁと思っています。
特にこの回は、ラストの小野田官房長と亀山くんの不穏なシーンが印象的。
大筋は忘れてもそこだけは忘れられない。亀山くんが卒業するSeason7への序章にもなってるわけだね。
最後にSAWのテーマ曲を使ってるよね?あれ聞くと無条件に恐ろしくなる。


ミスグリーンの秘密(season8)

f:id:santonikaku:20150918154544j:plain
出演/草笛光子
脚本:太田愛/監督:和泉聖治

神戸くんの相棒が始まってすぐに名作が出た。
ファン人気も高い作品ですが、理由は草笛光子さんの役柄と神戸くんとの会話のやり取りでしょうね。
神戸くんのシリーズは脚本家の太田愛さんが活躍しています。ウィキペディアの「作風」の部分にも書いてあったけど、確かにアリバイトリックよりは人物を描く脚本家という感じですね。
そしてこの人は、神戸尊というキャラをどう活かせばいいかすごくよく理解していて、この人の描く神戸くんに他の脚本家が引っ張られたようなところがある気がする。
最後に、容疑者と向き合う神戸くんが凛々しかったです。

小窓さんの好みが炸裂してる回

友人の評価はイマイチでもSheSoCute!ってな感じで、世間の評価は知りませんが私が個人的にめっちゃ好きな回ばかり集めました。

アゲハ蝶(season4)

f:id:santonikaku:20150922001112j:plain
出演/並樹史朗 飯田基祐
脚本:岩下悠子/監督:橋本一

これ大好きです!!
何がいいって、蝶コレクターの染井役の飯田基祐さんが限りなくギリギリのラインで、気持ち悪いのに面白いキャラを演じてくれるところ(笑)。
かーなーりー気色悪くてどうしようもない蝶マニアなのにどこか憎めない。
こういう役を演じることができるっていうのは本当に類い稀なる才能を持っているんでしょうね。
ラストシーンも良かった。動機もストーリー展開もバランスが良い名作でした。


女王の宮殿(season5)
f:id:santonikaku:20150918154700j:plain
出演/大空眞弓
脚本:戸田山雅司/監督:和泉聖治

戸田山雅司さんの描く世界観は本当に私の好みのツボを押してくる。
江戸川乱歩の小説に出てきそうなストーリーで、登場人物は多いけど事件はシンプルなもの。
1時間という制限の中で伏線がたくさんあって、最後まで失速せず夢中になれる素晴らしさです。
アルジャーノンを探す男の子もなにげにストーリーに意味を持たせる作りになってるし、戸田山さんは伏線の魔術師と呼ばせていただきたい。


悪女の証明(season6)

f:id:santonikaku:20150918155718j:plain
出演/木村佳乃
脚本:戸田山雅司/監督:和泉聖治

キタキタキターー!!!やっぱり戸田山&和泉ペアは最高。
この2人にしか出せない空気ってある。確実にある。
戸田山さんは量産するタイプの脚本家じゃないけど、1つ1つがきっちり練られていて作品に奥深さが生まれるのです。しかも片山雛子がメインの回だし、文句なしの一作です!
「片山雛子という人間は身の回りで事件が起きるたびに、それを逆手に取り、まるで糧にするかのように大きくなっていく人間だということです」は本当に素晴らしい台詞でした。


TAXI(season6)

f:id:santonikaku:20150918155727j:plain
出演/遠山景織子
脚本:西村康昭/監督:森本浩史

私この話好きなの…。
なぜなら遠山景織子が綺麗で、見てるだけで眼福だから。
そして遠山景織子がガチの貧乳なのに、全く隠さず全くお直ししていない潔さが素敵すぎてもう!!!
ペラペラなのに色気があるのよ。だから女の色気ってお胸じゃないと思う!!私はこの回でそれを一番伝えたい!!!
美人で可愛げもあって小動物のようで、思わず抱きしめて守ってあげたくなる。そのキャラを上手に活かした作品だったと思います。
頼れると思っていた人に裏切られたら、もう何も信じられないし怖くて仕方ないよね。
でもタクシー運転手の人の言うことは素直に聞いちゃったのは、やっぱりシングルマザーならではの心細さだったのか…そこまで考えていたなら脚本家に座布団10枚あげたいです。

 

さいごに

f:id:santonikaku:20150922232007j:plain
なぜかここにきて角田課長(笑)。

書きながら「あ~、まだあの話も書きたいな」「これ書いてないじゃん!はぅぅ」と1人でヤキモキしておりました。
でも全部書いてたらキリがないのでここでやめますが。

相棒は、全キャスト、監督や脚本家、全てのスタッフが惜しみない努力を続けた結果生まれた奇跡のドラマだと私は思っています。
キャストに至っては途中参加、途中退場が多すぎるドラマなのに、全員がこのドラマの世界観を守ってくれている。
なかなかできることじゃないですよね。プレッシャーも相当だと思います。

 

前記事で「5連休企画の最後の記事で脚本家別の特色について語ってみたい」と豪語していましたが、今日で力尽きてしまったので明日は休みます。
すみません…今日の記事で大体書けちゃったしいいかなって…ゴホゴホ…

ですが、1人だけ脚本家を紹介させてください。


輿水泰弘
『相棒』を作るにあたり、プロデューサーが最初に声をかけた中心的存在の人物です。
ちなみに大批判を浴びた相棒13の最終話「ダークナイト」も彼の脚本です。
亀山薫刑事の卒業を描いた「レベル4」も、小野田官房長を亡き者にした劇場版Ⅱも、神戸尊刑事の卒業を描いた「罪と罰」も、全て彼の脚本です。(劇場版Ⅱだけ戸田山雅司と共作)

私が思うに、輿水さんの相棒愛は半端ないです。
彼が相棒を作り、育て上げてきたわけですから想い入れも深いのでしょう。
彼の作品にはいつもどこか笑いが潜んでいる気がします。ご本人はかなりのコメディー好きなんじゃないかと私は睨んでいます。

そんな彼の作り上げた『相棒』にどれだけたくさんの人が感動し、心を動かされてきたか…、本当に素晴らしいことだと思うのです。

つまり、何が言いたいか、っていうとですね。
もうダークナイトのことは言わないであげてほしす(゚∋゚)
いや、私、輿水泰弘の身内でも何でもないんですけどね。
あんまりにも言われてたし、新シリーズがスタートすることで蒸し返す人もいるんじゃないかと心配で(゚∋゚)

彼が今後脚本を書くかどうかはわかりませんが、新シリーズをみんなで盛り上げて行きたいだけなんです。だって本当に楽しみだから!!

f:id:santonikaku:20150922230508j:plain
櫻井武晴さんの脚本だけど「X-DAY」みたいな話がまた見たい。
って、やっぱり伊丹さん(笑)。
私はもう伊丹さんが好きなのか相棒が好きなのか時々わからなくなる病気にかかっているようだ。



相棒ベスト30はこちらの記事↓