読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70%

暇つぶしになる記事があればこれ幸い。

Google web fonts

【整理収納】季節の変わり目に欲しくなる服…買い物の無駄をなくす方法教えます

整理収納

【スポンサードリンク】

整理収納アドバイザー1級の小窓です。
本日もまた、実績のない収納アドバイザーのたわ言を記事にしたいと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
夏でも冬でも、衣替えや新物の季節は新しい服がとにかく無性に欲しくなっちゃう魔の季節でございます。
クローゼットにとっては危険極まりない。

f:id:santonikaku:20151106133918j:plain
しかし、最近では年末年始以外でもそこら中でセールばっかりやってますよね。

店内全品30%オフ!
今だけ半額セール開催中!
60分限りのタイムセール!
2着買うと20%値引き!
土日限定1,990円→1,290円!(ユニクロ)


などなど、とにかくセールの大安売り。セール・オブ・セール。

けれど、本当にお得なセールはその中の半分もない、と言うのが私の持論。
お正月の初売りはともかく、フラッと立ち寄ったお店のセールはお得どころか損しかない、と思っているのです。

服を買うと言うことは、非常に大きなことです。
大げさではなく、自分の生活に大きな影響を与えます。なので自由に買い溜めばかりしていてはダメなのです。

「自分のお金で好きなものを買って何が悪いの」と思われる方もいるでしょうが、買うからにはしっかりと自己管理をしないと簡単には落とせない無駄になってしまうのですよ。ダイエットと同じ発想ですね。

逆に言えば、買い方さえ気をつければ生活が劇的に変わることもありえます。
何を変えればどう変わるのか、私のケースを例にしながら説明していきたいと思います。

<スポンサードリンク>
 

買い物の前に必要な行動

f:id:santonikaku:20151106162655j:plain
服を買いに行くタイミングは人それぞれだと思いますが、お出かけした先にあった服屋さんで思わず足を止めて、気がついたら予定にない買い物をしていた、と言うのは女性にはよくある話です。あるある過ぎる。

それが本当に欲しい服で、しまう場所も困らず、帰ってきてから「同じような服持ってたんだった!」みたいな後悔しないのならいいと思います。

けど、衝動買いした服は往々にして「それほど必要じゃなかった」ものが多く、結局あまり出番のない服になってしまいがち。これもあるある。レイザーラモンRGが出てくるほどにあるある。

そうならないように、服を買うと言う行為にもう少し慎重になる必要があります。
そのためにはどうしたらいいか説明しましょう。

①クローゼットを見直し
服が欲しくなる前に、まず今自分が何をどれだけ持っていて、欲しいものは何なのかを見極めましょう。

とは言え、収納を全部ひっくり返しての大片付けはめんどくさいので、引き出し一部分だけチェックしましょう。
「どこを見直せばいいの?」と思う方に私のおすすめを教えます。

冬は靴下・タイツ、夏はキャミ・インナー下着です。

冬は、靴下やタイツの出番が夏より格段に多くなります。
そこをチェックすることで、「グレーのタイツがあればこのデニムとこのスカートが履き回せる」とか「この靴下、去年全然履かなかったな…これに合う靴がなかったんだよな」など、今持っている服や靴を自然にチェックできるのです。

逆に夏はキャミやインナー下着をチェックしてください。薄着の時はそこが重要です。
同じようにそこから派生して、自分が暑い季節にしたい服装のイメージが膨らみやすいのです。

②今シーズンの服の方向性を定める
すでに自分のファッションスタイルが決定している人には不要の作業ですが、私のように好きなテイストが定まらないファッション難民は、これを避けてはいけません。

これをきちんと決めた上で買い物に行かないと、また通年同じように「この中の何を着てもしっくりこない」と思ってしまうカオスなクローゼットになってしまうのです。

ちなみに私は去年の冬から、ファッションに関する気持ちをノートに書くようにしました。

f:id:santonikaku:20151106163010j:plain

f:id:santonikaku:20151106143342j:plain
私ってマメでしょ~~?とドヤ顔したいわけではなく、紙の上に書き出さないと頭の中が整理できないタイプなので、泣く泣く書き出したのです。超めんどくさかった。

でも、書き出してみたおかげで色々なことがわかりました。
私はとにかく「見るたびに嬉しくなるようなクローゼットを保ちたい」が最大の目的で、可愛い服を着ることよりもそっちが優先されるということ。

そして「冬は静電気防止と保温、夏は汗と冷え対策を徹底したい」と言うこと。

この2つを頭に入れて行くことで、お店の服を見る目が全く変わります。
実際に、デザインが気に入って手に取っても「素材がアクリル100%じゃ冬は寒いから買わない」とすぐ頭を切り替えることができるからです。

ノートに書き出すまではしなくても(面倒くさいからね)、自分がどんな格好したいのか、どんな収納でありたいのか、毎年季節ごとに悩まされる問題(汗、冷え、静電気、花粉、体型・体質のカバーなど)を考えてからお店に行きましょう。

特にしまう場所は重要ですよ。
クローゼットがきれいだと、自然にファッション難民じゃなくなってくるから!

f:id:santonikaku:20151106160323j:plain
衝動買いの恐ろしいところは、上記2つの行程をせずにモノだけ増えてしまうこと。
買った時は嬉しくても、帰ってきてから

「どこにしまおう」
「合わせる服がない…」
「もうちょっと待てば良かったかな」

と後悔が怒涛のように押し寄せてくるからです。
その後悔を見ないフリするために、問題の服をクローゼットにしまいこんで着なくなる…悪循環ですね。

そうならないように、面倒でも事前によく考えてからお店に行きましょう。

<スポンサードリンク>
 

実際にお店で買い物する時の注意点

f:id:santonikaku:20151106153038j:plain
しっかりと事前準備をしてきたのであれば、欲しいものはもう決まっているので、基本的にはそのコーナーに一直線です。

しかし、お店というのは本当に巧妙。相手は売り方のプロなので買わせようと必死です。
その中に入っていくと、ちゃんと決めたはずの思考もあっという間に崩壊する恐れがあります。

私も「事前準備買い」を始めて4年経ちますが、いまだにお店に行くと「ぎゃふん!かわいい!買う!」と思って、大幅に時間をロスしてしまうことがあります。

それくらい店頭衝動買いの魅力は強い。
特に季節が変わる時期は、新しいシーズンへの新鮮さもあってさらに購買意欲が増してしまいます。はー怖い怖い。

私が、その攻防に勝つために絶対に曲げないルールを4つ紹介しましょう。

①サイズ感
当然です。基本です。
服を買う基準の第1位です。なので試着は絶対します。
単に「大きい・小さい」だけでなく、袖丈や股下、着丈、肩幅など、細部に渡ってチェックしましょう。
「お客様~、いかがですかぁ~?」と聞いてくる店員さんに負けない気持ちを持つ!

②値段はコスパ重視
コスパが良いもの(高くても長年着られるor安く買って1シーズンで着倒す)なら値段関係なく買ってしまうことも。やっぱり良質なものは長持ちします。

③素材
私は静電気が大嫌いなので、冬でもフリース素材やダウンは一切買いません。
夏場なら汗対策が必須なので、ニットやグレーの服(汗染みが目立つ)ものは買わない。

このように、「MY不買運動」はっきり定めておけば迷わなくなるので、衝動買いの誘惑も薄まります。

④デザインや色
前はこれが服を選ぶ基準の1位だったのですが、今や4位に転落した。
正直、服はデザインより大事なものが多いんです。もちろん一目惚れしてしまうような素敵なデザインもありますが、そういうのは大概ブランド物。
普段の服はほとんどファストファッションなので、似たようなデザインはいくらでもあります。なのであまり重視していません。

さらに、これ以外にもう1つ。大事なルールがあります。
それが「損切り買い」です。

損切り買いとは?

f:id:santonikaku:20151106160735j:plain
「損切り」と言うのは、元々株や先物取引などに使われる言葉ですが、ここで言う「損切り買い」は意味が違います。

「セール品があるのに、セール対象外を買ったら損じゃないか」と言う不安を振り切って、欲しいモノだけを選ぶ買い方のことで、私が命名しました。

つまり、お買い得品やセール品をスルーするスキルです。
これを身につけると無駄遣いが劇的に減ります。
私はこれを実施して、マジで無駄遣いが年間2~3万円は減った。

もちろん、セール品の中に「前から欲しかったもの」があれば問題ない。
問題ないどころか、本当の意味で「お買い得商品」ゲットできた!ラッキー!

しかし、そんな幸運はほとんどありません。
あるとすれば、大量にセール品が出るお正月の初売りくらいでしょう。(だから初売りはおすすめ)

このツィートを見て気づいたのです。世の中には、損をしてもいいから得をしたい人がたくさんいることを。

このツィートの状況とは違いますが、セールに飛びつく人はまさにそうでしょうね。
「3着買ったら1着安くなる!」みたいな甘言に負けて、「ここで買わなければ損をしてしまうかもしれない」と言う心理にうまくつけこまれているだけなんです。

しっかりとした意思を持たずにお店に入ってしまうことは、お店にとってまさにカモネギックス。
カモがネギ背負ってウェルカムウェルカムウェルカム TO LOVE。

結果、必要のない服まで買ってしまい持て余す。これぞまさに無駄遣いです。
一瞬のお得感を満たすために損をしているのです。

 

さいごに

f:id:santonikaku:20151106164301j:plain
セール品を素通りするのは、かなりしんどい。私もまだまだ修行中です。

お店で安くなっているのを目の当たりにすると、どうしても見ちゃうよね。欲しくなっちゃうよね。
しかし、そこをグッと堪えて我慢する。そのおかげで綺麗な収納がキープできる。
その良さを知るとだんだん我慢が苦にならなくなってきます。

まずは優先順位をつけて、それをキープするためにはどうすればいいかを考えれば、モノの買い方も自然と倣うものだと私は思います。

 

ちなみに…
なぜ、私がこんなに整理収納が好きな人間になったか知りたい方はこちらをどうぞ↓