70%

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70%

暇つぶしになる記事があればこれ幸い。

Google web fonts

【インドア人間】スマホ依存になりがちな今だからこそジグソーパズルをやろう

健康習慣 生きるヒント

小窓です。

ガラケーからスマホに変えて3年経ちますが、以前より携帯を見る時間が増えました。
ボーッとしたい時はスマホをチェック。さっきと何も変わっていないのにまたチェック。そうしてボケーとしている内に1時間くらい平気で過ぎてしまう。

そうすると、何だか損してる気になります。
探せばいくらでも情報や楽しみが見つかるスマホですが、実はスマホを見ている時間に失っているものもあるのではないかと思うのです。

誰しも経験があると思うのですが、スマホをしている時に話しかけても相手からは
「ふーん」
「うん、うん、へぇー」
みたいな生返事しか返ってきませんよね。
だって自分もそうだから。スマホチェック中は生返事しかできない。

そしてスマホ中に話しかけられるとなんか腹立つ。気持ちに余裕がなくなる。パッと切り替えができなくなる。
私の中の昭和脳が「これはいかん…これはいかんぞ…」と訴えている気がします。一時の好奇心は満たされても、長い目で見れば多くの時間を失ってしまうのがスマホです。
もう少し時間を贅沢に使いたい。そんな希望を叶えてくれるものはないか…と考えた時に思いついたのがジグソーパズルでした。

パズルのアナログ感が心地いい

スマホどっぷり時代の今だからこそアナログ全開で立ち向かおう!と言うことで、本日のテーマは「ジグソーパズル」です。
実はパズル大好きな私ですが、ちゃんとパズルを制作したのは10年以上前のこと。ここ最近はパズルを全くやっていない。大好きなのに。
やれない理由は次の3つ。

  1. やる時間が無い
  2. やる場所が無い
  3. パズルが家にない

③は買えやって話ですね(笑)。
①はスマホを見る時間を削れば容易に解決しそうだし。

スマホやネットのゲームとは違って、ちゃんと1つ1つ手に取ってはめていく感覚を味わいたい。1つでもなくなったらできなくなっちゃうあのヒヤヒヤ感。そして完成させても完成品をどうすればいいのか悩むゾワゾワ感。
飾るためには大きさに合った額とひっ付ける糊が必要で、そこそこ出費がかさむ面倒くささ。それが嫌で結局また壊す時の微妙な気持ち。

それらを全部飲み込んで、私はアナログなジグソーパズルをやりたいのです。

<スポンサードリンク>
 

ピース数を選ぶ

初心者ならば350~500ピースくらいがおすすめです。私が小学生~中学生の時に夢中でやっていたのも350ピースのものでした。
350ピース程度がオススメな理由は、ほぼ1~2日で完成してしまうところです。音楽などを聞きながら没頭してできる量。500ピース以上になると短期間で仕上げるには少し大変かもしれません。柄にもよるけど。
中途半端な大作に挑戦してしまうと「あとこれくらいなら今日中に終わらせられるかも…」と思ってしまい、無理をしてしまいがち。それは良くない。

 

絵を選ぶ

どうせやるなら好きな柄を選びたい。パズルの柄は無数にありますが、どれか1つくらいは好きなジャンルがあるものです。

好きなアニメや映画のイラストを選ぶのが多いかな。ジブリやディズニーは定番ですね。子供にもウケます。

特にディズニーのパズルはすごい。種類もピース数も豊富で大人も子供も楽しめます。

 

これはウユニ塩湖のパズル。完成後に飾るなら風景パズルもいいですね。

ただし、景色系パズルはピース数が少ないものをおすすめします…。なぜならやってる最中に「もうイヤーーーーッッ!!」と発狂したくなるから。
写真のパズルはピースが判別しづらいので初心者には不向きかもしれません。以前、実家で溺愛していた犬の写真をパズルにしてもらった時も、途中で嫌になってしまった。すんごく可愛がってた犬でさえ嫌になるのよ。

どのピースも全部同じ色、同じ柄、同じ形に見えてきて、作ってる時のモチベーションが上がりづらい。牛乳パズルと大差ないやんけ。

「新鮮なよろこび」じゃねぇよ!
この手のパズルを好んで作る人って、相当のドMじゃないかしらと思っている。行列に並ぶのが苦にならないタイプと言うか。
私は行列を避けて生きるドS人間なので、写真画パズルはまず選ばないっス。 

ベタ塗りでキャラクターが多いアニメパズルは比較的簡単だと思います。
ある程度ゴチャゴチャしていた方が取り組む時に気が楽ですからね。「あ、これヤジロベーの顔!」とすぐわかる方が楽しいしw
パズル上級者ってわけではないので、細々楽しむレベルならなるべく簡単そうなものを選びたいです。

 

その他色々なパズル

こういうゴチャゴチャしたアメリカンなパズルは本当に作りやすいです。カラフルな色だから一人で作っても鬱々しないし(笑)オススメです。

在庫切れが多いですが、ノーマン・ロックウェルのパズルも好きです。

パズルで作るとその絵が自分の脳に深く刻まれる気がするんですよね。お手本を何度も見るし、小さなピースを少しずつ完成させていくと絵が浸透していくというか。
だからこそ絵は厳選すべきとも思いますが、何となく選んだパズルの絵がとても大切な一枚になる、と言うのもいいですよね。 

パズルに限らずですが、この手のホビーに人気なのはやっぱり「城」。これも風景なので私は手が出せませんが、作ったら実物を見に行きたくなっちゃうかも。熊本城パズルはぜひ復興を祈って作ってみたい。

これ気になるー!
面白そうだけど、これこそ老後の楽しみにとっておこうかな(笑)。
 

やれない理由の1つ、「場所が無い」はこれで解決か?
パズル業界の人が色々考えてくれるんだね~。途中で巻いてしまえるなら、大作にチャレンジしたくなるかもしれない。

<スポンサードリンク>
 

「パズルが好きなんです」は要注意ワード

ここまで語っておいてなんなんですけど、あなたがもしパズルの魅力にハマってパズル大好き人間になったとしても、それを周囲の人間に言わない方がいいと思います。
なぜならパズルは、プレゼントされると厄介極まりないから。私はそれで一度地獄を見ました。

昔、小窓さんがまだ若かった頃。職場で「パズルが好き」と公言したら、それを聞きつけた同僚がプレゼントしてくれたのです。こんな感じの絵でした。

f:id:santonikaku:20170110004116j:plain
一面のひまわり、2000ピースの大作です。
おそらく結構なお値段がしたんじゃないかと思います。ありがたかったけど、もらった瞬間、正直「やっちまった…!」と思いました。

パズルが好きな人にパズルをあげる…。一見、幸せしか生まれなさそうな良い話ですが、これが悲劇になりやすい。頂き物ですから有り難く頂戴しましたが…作ってる最中に泣きたくなりました。

あまりにもしんどい。
2000ピースの大作だからなかなか終わらない。
毎日がひまわり。ひまわり。ひまわり。
永遠に続くひまわり。
フォーエバーひまわり。

夢にもひまわりが出てくるようになって、続けるのが精神的に苦痛になりました。だけど、同僚は「そろそろ出来た?」「完成したら写メ撮って送って~」と嬉しそうに催促してくるのです。ぎゃふん。

これは悲しい事件です。誰も悪い人はいない。強いて言うならちゃんとパズルの趣味嗜好を伝えなかった私が悪いのですが…。だっていきなりプレゼントされたんだもん!その頃は多少モテたからな!
職場の無駄話程度で「柄はこういうもの、ピース数は多くても500…」なんて話したら白けるでしょ。だから言えなかった…。
よっぽどの上級者なら「腕が鳴るぜ!」と思える作品だったのでしょうが、私には力不足でした。それ以降、親しい人以外にうかつに「パズルが好き」と言わないようにしています。

ひまわりのパズルはその後、家族友人を巻き込んで長丁場の制作になりました。一度作り出したら動かせないので、私の部屋はずっとやりかけのひまわりに占領されていた…。
そこまでしてようやく完成させたのに、余りにも長く時間がかかりすぎたせいか、完成品を同僚に写メで送ったら、「ああ、お疲れさん」という超うっすい返事しか来なかった。悲劇だ。

 

パズルの面白さは結果ではなく経過

パズルは完成するまでが楽しい玩具です。
レゴやプラレールと同じ感覚でしょうか。もちろん完成すれば嬉しいけれど、作る時間を楽しむのがパズルの醍醐味です。
ほどよく頭と手を動かしながら作る。だけど誰かと会話しながらでもできる。やっている間にだんだん頭が飽和していって、笑いの沸点が低くなって、どんなくだらないことでも面白くなっちゃったり、切実な恋バナをしていたのに、終わる頃には「まぁ悩んでても仕方ない。何とかなるべ」と気持ちがスッキリしていたり。

パズルで遊ぶ時間と言うのは贅沢な時間だと思います。
もちろん1人で遊ぶのも楽しいです。小窓さんはインドア人間ですから、寒い日はコタツに入りながらひたすら1人でパズルをしていたい。撮り溜めたバラエティー番組を流しながらやるのも良し、好きな音楽をかけながらボーッとやるのも良し。

頭の中をからっぽにしながら、手先だけ動かす作業は実は人間には必要なんじゃないかと思います。
パズルをやると集中力が身に付くと言われますが、何か1つのことにじっくり取り組む時間と言うのは大人になるほど少なくなりますから、パズルという道具1つでそれを得られるなら安いものではないでしょうか。
そして、達成したら多少の満足感もついてくる。最後の1ピースをはめる瞬間は、それなりにアドレナリンが出そうじゃん?

よく「老後の楽しみに」と言われるパズルですが(痴呆防止にも良いらしい)若い時に経験しておくとより楽しめると思いますよ。70歳になっていきなりやるよりは「若い時にやったな~」と言う思い出フィルターが掛かっていた方が楽しめる。
パズルに限らず何でもそうですけどね。老後の楽しみにするためには、今のうちから経験しておくとより楽しいものになるんじゃないかと私は思います。

と言うわけで、パズルやりたい。