読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70%

暇つぶしになる記事があればこれ幸い。

Google web fonts

【ファンじゃないけどベスト10】SMAPの好きな曲を20曲選んでみた

音楽

【スポンサードリンク】

小窓です。

今年は1月から色々なことがありましたが、一番大きなニュースはやはりSMAPの解散報道。

f:id:santonikaku:20160212161222j:plain
以前のように情報が錯綜するような事態ではなくなり一旦収束したかのように思えましたが、問題が解決したわけではありません。
水面下ではスマオタvsメリーズ事務所で火花がバチバチです。

f:id:santonikaku:20160201162129p:plain
私は濃いSMAPファンではないので、今回の事件は静観するしかできないのですが、最終的にはSMAPの5人が、以前のように当たり前に存在する世界に戻って欲しいと思います。

いつもはベスト10の形で発表してるのですが、「ナンバー1にならなくていい、元々特別なオンリー1」と歌われている曲が、現在グイグイと売れていることを鑑みて、今回は特別に順位は付けずに、それぞれの曲の好きなところを書いてみようと思います。

【広告】

 

 

JOY

f:id:santonikaku:20160201225351p:plain
SMAPの50曲目の記念すべきシングルで、こんな感じのを出されちゃったら嬉しいよね。
この曲を5人で歌う時、その場の一体感が半端ない感じがします。
芸能人も観客も視聴者もみんな一緒になって騒ぎたくなるような、そしてその中心にSMAPがいることの心地よさを心底感じる。
特別なファンじゃないけど、それでも日本の真ん中にいてほしいと思える人たちなんだ…。
真ん中にいてもちっとも偉ぶらないし、全てに対してちょうどいいバランスを保てる。そんなお兄さんたちはなかなかいない。

BATTERY

f:id:santonikaku:20160201234425j:plain
年末のCDTVで歌ってるのを見て好きになった。
SMAPの曲にこんなかっこいい隠し玉が!と思ってかぶりつきで見てしまいましたよ。
いい大人なのにすみません。でも楽しい。

f:id:santonikaku:20160201235819j:plain
中居くんのソロ、めっちゃかっこいいわぁ~。かっこつけるのが苦手な男(に見える)なのに普通にかっこいいんですけど!
 

しようよ

f:id:santonikaku:20160129225523j:plain

森君がいた頃のSMAP。
優しくてシャイでなんか憎めないお兄ちゃんみたいな存在だった森君。
「森君ファンに悪い子はいない」とクラスのSMAP好きの子がよく言ってたなぁ。

90年代、それはアイドルがいなかった時代でもある。
アイドルソングという概念もなく普通に楽曲として聞いていたけど、すごくいい曲です。懐かしさもあるんだけど、何よりも曲に対する説得力を感じる。
曲を表現しようとする力が強いのかな?歌詞の一つ一つが響いてくるのです。

僕はただ君のことやっぱり好きで好きで…
君はどうなんだろう?
もし僕と同じなら今から二人もっと話をしようよ

【広告】
 

$10

f:id:santonikaku:20160201162343j:plain
今回のSMAP解散報道の真っ最中、私は一時的に『SMAPのバラード曲が聞けない症候群』に陥ってしまった。
聞くと自然に涙がこぼれて、泣いてしまうとどうしても悪い方へ悪い方へ考えが流されちゃうので、バラードは聞かないようにしてたんです。
でも騒動の最中はSMAPが聞きたくて、そんな時にずっと聞いてたのがこの「$10」。
リアルタイムで聞いていた頃を思い出し、悲しい時期を乗り越えた。

この曲は、よくよく読むと歌詞が天才的なんだよな。

A-1 dollar B-2 dollars 淫ら
のーんのんのんののーんのん
愛さえあれば何もいらないなんて全部ウソさ
C-10 dollars

すごい歌詞だなと当時も今も思う。
 

セロリ

f:id:santonikaku:20160129224935j:plain
この曲をSMAPがリリースする前に、友人に「山崎まさよしっていうものすごくかっこいい人がいるんだよ」と教えられた。

f:id:santonikaku:20160129223831j:plain
その時はまだ無名のアーティストで曲も知られてなかったので「へぇ~」としか思いませんでしたが、この時に友人から「これを聞いてみて」と勧められたのが「セロリ」だった。
出だしの歌詞がすごく好きで、いい曲だな~と思っていたらSMAPがカバーして一躍有名になった。

何がすごいって、同じ曲なのに山崎まさよしが歌った時と全然違うこと。
どっちが好きかは人によって好みが分かれると思うし、アレンジも違うし、そもそも比べられないのはわかってるんだけど、それでも「こんなにも違うかね」とビックリした。

私はこの時、SMAPのアーティスト性に初めて気づいた気がします。
山崎まさよしに比べたら歌唱力は劣っているかもしれないけど、それでもちゃんと自分たちの曲にしてる。
最初に山崎まさよしの方から聞いたからこそ、本当にそう思えた。元々知っていた曲なのに、新鮮な気持ちで聞ける嬉しさがあった。
 

オレンジ

f:id:santonikaku:20160212161730j:plain
らいおんハートのカップリング曲でした。でも名曲!!
らいおんハートももちろん大好きな曲ですが、オレンジの方がより好きだった。優しい曲だけど、力強さも感じます。
私は解散報道の時に「$10」しか聞けなかったのですが、同じようにファンではないけどSMAP世代の友達は「オレンジ」ばかり聞いていたそうな。

解散報道から数日後、久しぶりに会話しました。2人ともファンじゃないけどすごく悲しくて辛くて、お互いあまり眠れなくて食欲もない。そんな近況を話し合っていたら、
「…もう私たち、むしろファンでいいんじゃない?(笑)」
「…ファンですね!(笑)」
と言い合って少し楽になった。

30歳を超えてからそれぞれ忙しくなり、友人と長く話すこともなくなってしまったけど、同じ時代を生きてるからこそこうやって一緒に乗り越えることができるんだなぁと嬉しくなりました。SMAPがつなげてくれたオレンジの輪です。

俺たちに明日はある

f:id:santonikaku:20160202005023j:plain
この曲が1995年発売っていうのが信じられない。自分の感覚では2000年くらいなんだけどな。SHAKEやセロリの後くらいな気がしてた。
キムタクと浜ちゃんのドラマを見ててすごく好きになった曲。だけど、信じられないくらいドラマの内容を覚えてない。清々しいほど覚えてない\(^o^)/
でもメイキングで、キムタクと浜ちゃんがカメラ回ってない時も仲良くじゃれ合ってたことだけは覚えてる(笑)。

【広告】
   

オリジナルスマイル

f:id:santonikaku:20160201225848j:plain
当時はこの曲の凄さがわからなかったんだけど、今改めて聞くと本当になんて優しい曲なんだろう。
SMAPはこの曲が似合っていた。そして今も似合う。

懐メロな気がしない。発売したのが1994年だから超絶懐メロなんですけど、それでも懐メロな気がしない。
それは今のSMAPが20年以上前のSMAPと同じように、いや、それ以上に輝いてるからじゃないでしょうかね…。わぁ、すごいいいこと言ったよ今。
 

Fly

f:id:santonikaku:20160201231018j:plain
この曲めちゃくちゃかっこよくないですかー!?
クラシックと言うか、ブラックと言うか、おしゃれですよね。
SMAP最後の8mmシングルということで、個人的にはこの曲あたりから「大人のSMAP」が始まった気がする。

SMAPはアイドルとしての自分たちを達観してるような雰囲気が常にある。だから、ファンにあまり媚びたり現実離れしたことを言わなかったりするのかなと思う。
そんなグループだからこそ、こういう真のかっこいい曲がかっこよく歌える。誰にも真似できない説得力を持つことができる気がします。

FIVE RESPECT

f:id:santonikaku:20160212154304j:plain
動画で見たい曲。1、2,3,4、FIVE RESPECT!!
ダンスも曲も佇まいも何もかもがかっこいい。かっこいいんだけど、かっこよすぎないほっこり感。直後にバカなこともやれちゃう親しみやすさ。
そういう良さがすごく詰まった名曲だと思うんです。
この曲を聞く度にSMAPのライブに行ってみたいといつも思う。一度も行ったことないけど、死ぬまでに一度は見てみたいよね。
だけど、色々な意味でそれは叶わなそうだな…ハハハ…。
色々な意味の内訳:解散しちゃうかもしれないし、解散しなかったとしてもライブチケットが今まで以上にさらに入手困難になるかも。など。

そんな時のためのライブDVDですよね。買っちゃおうかしら。
 

朝日を見に行こうよ

f:id:santonikaku:20160129230322j:plain
これが発売された時のことはよく覚えてる。
当時の私は男子バレーボールに夢中で、Vリーグ漬けの日々を送っていたのですが、中でも一番好きだったのが朝日健太郎選手だった。

f:id:santonikaku:20160129231008j:plain
ビーチバレーに行く前の若かりし頃の彼が大好きで、寝ても覚めても朝日健太郎のことばかり考える日々。

そんな時に発売されたSMAPの曲がこれ。
ちょ!曲名!!
曲名ぃぃ!!!

第一報を知ったのが地下鉄の車内だったんです。
流れる電光掲示板ニュースで知ったんです。「SMAP新曲を発表。タイトルは【朝日を見に行こうよ】」みたいなのがツツーッと流れてきたんですよ。

朝日さんのことばかり考えていた時、そんなのが流れてきたら面食らうよね。見た瞬間、思わず変な声出たわ。

f:id:santonikaku:20160129231503j:plain
↑こんな感じ。
夜中の地下鉄でうら若い女子が電光掲示板を見て「ファーーー」。どう見ても異様。

それくらいインパクトのあるタイトルだった。SMAPは私のことを見透かしてるのかと思ったね。
今にして思えば青春の在りし日を思い出すスイッチになる名曲なんですが……、あの日あの時、同じ車両に乗り合わせたサラリーマンのお父さんのギョッとした顔も一緒に思い出してしまう…。

【広告】

 

世界に一つだけの花

f:id:santonikaku:20160624122631j:plain
名曲と言うのはこの世にたくさんあるのでしょうが、誰が、どんな声で、どんな思いで歌うか、と言うのがとても大事なんですね。
山崎まさよしの「セロリ」も、スガシカオの「夜空ノムコウ」も、槇原敬之が「世界に一つだけの花」を歌ってもそれはそれで素晴らしいんです。

だけど、SMAPが歌う説得力と伝える力の強さは、アーティストでもなかなか打ち破れないのかなと思ったんですよね。
それぞれのファンの方に怒られそうですが…、でも楽曲提供者がそれを認めているぜよ。

SMAP解散報道から現在まで、この「世界に一つだけの花」はランキングでも圏外から1位になるなど爆発的に売上を伸ばしています。
「そんなことをしても何にもならない」「レコード会社とジャニーズ事務所の思うツボ」と言う声も聞こえるのですが、そっと耳をふさいで買っているファンがいる。ファンじゃない人もいる。
誰かに頼まれてやってるわけじゃない。みんな自分の意志で勝手にやってるんです。
そっとしといてほしい。

世界に一つだけの花 [ SMAP ]

価格:1,016円
(2016/6/24 12:27時点)
感想(802件)

 

夜空ノムコウ

f:id:santonikaku:20160202001025j:plain
解散報道からずっと聞けなかったんだけど、これを書くために今聞いたら、久しぶりに色々なことを思い出した。

中居くんの歌が下手だーって騒がれ出した頃に「この曲、俺と木村から始まんのよ!やっべぇっしょ!」っ言ってた中居くんとか(笑)。
この曲をリリースした時かどうかは忘れたけど、中居くんが「歌が下手なのは完全に俺ってことになってるけど、剛の方がヘタだから!」と言ってたこととか(笑)。

「ちょマジでよーく聞いてみ!?剛の歌はホントにひどい!」
「いやいや、中居くんに言われたくないですよ」
と永遠に言い合ってたwww仲良いなwww

f:id:santonikaku:20160202001158j:plain
この写真の写ルンです的な写り方に時代を感じる。けど私が持ってる学生時代の写真はみんなこんな写りなので、なんか嬉しい。
笑える思い出、懐かしい思い出、全部込みで思い切り笑って泣ける名曲。
最初の雑踏、イントロ、歌詞……、全部あの頃のまま詰まってる。
 

がんばりましょう

f:id:santonikaku:20160201233146j:plain
「あれ?SMAPの曲ってすごく良くない?」と初めて意識したのがこの曲でした。
SMAPの存在はもちろん知っていたけど、まだそこまで自分の生活に入っていなかったあの頃。

今にして思えばアイドル全滅の時代だったから、SMAPもアイドルとは思っていなかったなぁ。『Can't Stop!! LOVING』の頃は「光GENJIっぽいのが出てきた」と思っていたけど特に意識していなかった。
それが、この曲を聞いた時に「カッコつけられないカッコよさ」を見たんです。かっこいいんだけど、それだけじゃなくて「楽しそう、混ざりたい、一緒になって騒ぎたい」と思えるような親しみを感じたんです。
言葉に表すのがすごく難しい。
 

青いイナズマ

f:id:santonikaku:20160129234803j:plain
この曲で思い出すのは、やっぱり「古畑任三郎vsSMAP」でしょう。あれは素晴らしかった。もう1回見たい。

f:id:santonikaku:20160129234508j:plain
戸田恵子さんがマネージャーさんの役だったんだけど、献身的にメンバーを支えている姿が飯島マネージャーのようでした。
ファンはみんな知ってたのかな?「ああ、このキャラは飯島さんがモデルだわ」ってわかって見てたのかな?私は今気づいたよ。
f:id:santonikaku:20160129234447j:plain
この時は全員がSMAPを守るためにそれぞれ考えて、無言のチームプレーを発揮していた…。
どうしても今の状況とカブる。だけどこんな悲しいSMAPはドラマの中だけで充分だ。

歌詞は、ミスチルの「over」と似てるんですよね。どっちも彼女にキスを避けられていると言う。
曲の完成度が高いせいか、これもあまり懐メロ感がない。いつの時代でもその時の気持ちで聞ける名曲ですね。
 

ダイナマイト

f:id:santonikaku:20160201231815j:plain

1995~1997年のSMAPシングルの快進撃はすごいものがあった。
3年間に11曲リリースしていてその全てがオリコンランキング3位以内に入っている。
その後半にたたみかけるように勢いづけたのがこの曲。
青いイナズマ→SHAKE→ダイナマイト、ってこの流れどうよ。これを快進撃と言わず何という。
この3曲がごっちゃになって、ダイナマイトを歌いたいのにSHAKEのイントロしか出てこない、とかよくあったなー。
青いイナズマもかなりハイテンポなのに、後の2曲のせいでゆっくりテイストの曲に聞こえたりね(笑)。
 

たいせつ

f:id:santonikaku:20160129235436j:plain
順位をつけるつもりはないけど、この曲はすっごく好きだなぁ。
「SMAPの歌」って言ったら最初にこれが浮かぶんだなぁ。中居くんのドラマ見てたからかな。

最後の歌詞が、本当にSMAPらしくて好き。
「スーパーマンじゃないけれど…」の次を自分で答えようとさせてくれてる。気がする。
聞く側に想像する余地を与えてくれるのが心地いい。
歌う時に、聞いてくれるお客さんを常に意識してるから、自然とそういう歌い方になるんだろうな。
SMAPの歌に対する気持ちが受信できる気がするので、この曲はとても特別なんです。
 

SHAKE

f:id:santonikaku:20160130001026j:plain
あれは2015年の年末、Mステスーパーライブでのこと。
SHAKEのイントロが流れた瞬間、胸が踊ったの。
若い子にはわからないかもしれないけど、年を取れば取るほど胸キュンする機会は少なくなっていく。とても貴重な感情、それがこの曲のイントロに全部詰まってた。
「歌ってくれるの!?」っていう嬉しさと感動と懐かしさで、胸がいっぱいになった。

f:id:santonikaku:20160130000056j:plain
このキムタクを見た時、そばにいるお客さんにまで感謝したくなった。私がしたいリアクションを現地でしてくれてありがとう!みたいな。
羨ましいとかそういう気持ちも全て超えて、ただただ感謝感激の時間だった。
こんな近くでキムタクのこんな姿見たら、完全に女子高生に戻れる自信あるわ。「きゃああああっ♡♡♡」と黄色い声で鳴きますよ。

f:id:santonikaku:20160130000507j:plain
「やっぱキムタクかっけぇよ~~」が中居くんボイスで再生された。年末のSMAPは何かと神がかっていたよね。
 

DearWOMAN

f:id:santonikaku:20160202004000j:plain
諸々の事情でそううまくいかないとはわかっていても、この曲を聞く度に、2020年東京オリンピックでSMAPを世界に見せたいと思ってしまう。
歌が下手だとかアイドル文化は世界に見せるもんじゃないとか色々ご意見ありますでしょうが、日本はこの5人をとても愛しているんです!!と声を大にして伝えたい。

SMAPは5人ともいつだってサービス精神の塊だから。SMAP5人が「お・も・て・な・し」なんだと伝えたい。

【広告】
 

SMAP×『うたばん』うろ覚え備忘録

f:id:santonikaku:20160201230303j:plain
90年代、大好きだった歌番組「うたばん」。
中居くんがMCを務めるこの番組にSMAPがゲストとして来た時は、なんかちょっと嬉しかった。
以下、私の脳に刻まれたSMAPの名シーン。

  • 草彅君が「僕、休みの日に木村くんに誘われるんですよ」と嬉しそうに自慢していたこと。
  • 「木村くんが一番最初に結婚すればいいんじゃない?」とタカさんが言った時に、中居くんが「ダメダメダメダメ、俺の中の木村拓哉伝説が壊れてしまう」と即座に言ったこと。最初は「お前のためにやってねーよw」と呆れていた木村くんが、「いや~、俺の中では木村はそういう存在でいてほしいんだよね…」としんみり言う中居くんを見て「じゃあ、しない」と真面目に言ってたこと。
  • メンバーが来た時に照れて進行しづらそうな中居くんが可愛かったこと。
  • 「貯金っていくらあるんですか?」と普通に聞いてしまう中居くんがおかしい、とタカさんが愚痴った時、「そういうの普通聞かないでしょう」と冷静に応えたつよぽん。
  • 「プライベートな部分が全く見えない」と言われる五郎ちゃんを、たまたまデパートで見かけた木村くんが「五郎って見つけると嬉しいね。その時、ボーダーの服にニット帽かぶってたから、マジでウォーリーみたいだったw」と笑っていたこと。
  • 草彅くんと慎吾ちゃんが出演していた「時間ですよ」というドラマの大遅刻事件の真相を、笑いを交えて楽しそうに話していた慎吾ちゃん。一つも否定したりせずに、うなだれながら申し訳なさそうに横で聞くつよぽんと、多分何度も聞いてオチも知ってるはずなのに大笑いして聞く吾郎ちゃんと中居くんと木村くん。

 

私にとってのSMAPとは

f:id:santonikaku:20160212141516j:plain
名曲も名シーンもありすぎて語り尽くせない。
辛い時、悲しい時、どれだけSMAPやSMAPの曲に救ってもらっただろう。

ファンじゃないけどと言いつつ、SMAPに対する思い出話は尽きなくて、いかにSMAPが当たり前のように存在していたかを思い知らされました。
SMAPがファンもファンじゃない人も大事に思ってくれてることが伝わるから、こっちも自然とそう思える。それが長く長い積み重ねになって今に至る。

私のように、ファンとは思ってないし応援にも加わらないけども、有事の際には力になりたいと思っている人たちがたくさんいるんじゃないかな。

f:id:santonikaku:20160212163807j:plain
この先どうなるかわからないし、自分に何ができるかも見えないけど、最終的に言いたいの、はやっぱり「SMAPを終わらせたくない」という言葉です。

6人としてのSMAP

f:id:santonikaku:20160212152506j:plain
森君がSMAPを脱退して今年で20年。
森君の脱退がテレビで正式発表された時は「このままSMAP終わっちゃうんじゃないか」とみんな心配していました。
その後のSMAPの活躍を見て「森くんって馬鹿だよね。SMAPやめなければ勝ち組だったのに」と悪く言う人も少なからずいた。
だから、森君がレーサーとして成功していることがわかった時、どれだけ嬉しかったか。

いつかレーサーとして日本一になった時、SMAPと共演したいと言っているらしい。そんな日がいつか来るのかもって思えるなら、それはまさに夢を見させてくれてるわけじゃないですか。アラフォーだろうが何だろうか、立派なアイドルの仕事じゃないですか。
しかも20年越しの夢よ。アラフォーじゃなきゃできまい。

f:id:santonikaku:20160212152133j:plain
もちろん本人たちの気持ちが一番ですが…。
SMAPは今までのように存在してい欲しいし、SMAPの最後がこんな形では嫌だ。

微力ながらも、こんな気持ちがたくさん集まって、SMAPにとってもファンにとっても幸福な結末が待っているといいなと思います。