読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70%

暇つぶしになる記事があればこれ幸い。

Google web fonts

【ブログ運営】Googleアドセンスから違反の通知が来た

ブログ運営

【スポンサードリンク】

小窓です。

先日、Googleアドセンスから通知が来ました。

f:id:santonikaku:20160407134520j:plain
なんと、私のブログの生命線でもあるエロ記事がアドセンスのポリシー違反だと言うのです。
今回挙げられたのは「コンドームをつけたくない女性の本音とは?痛みと避妊は別問題」と言う記事でした。
※すでに取り下げ済み。

この記事の内容を変えるか取り下げるかしろ、しかも3営業日以内に何とかしないと広告配信を停止すっぞーってことでした。

ちょっとパニックになった。

この記事を書いたのは2015年8月だから、もう8か月以上も載せてきたのに。1日700~800PVくらい読まれてる人気記事なのに!取り下げろってか!!

f:id:santonikaku:20160407155029j:plain
いや、私だってアドセンスを貼る前に一通り勉強しましたから、アダルトコンテンツがポリシーに反するというのは知ってます。
だけどそれはあくまでも、未成年者に出会い系サイトを紹介するとか、エロ動画てんこ盛りで夜のおかずに困らないよ(*´Д`)ハァハァみたいな露骨な記事を指すんだろうと思っていたんです。

私が書いてた記事は、エロはエロでもあくまでも真面目に、なかなか人に聞けないことや悩みを取り上げるという健全なものだったはず。それを「アダルトコンテンツ」として取り上げられたことに憤りを感じてる。

ただのアダルトと高尚なエロ話を一緒くたにしないでほしいんですけど。
これだから下ネタをわかってない奴は!

裸も性教育も出会い系も性病もぜーんぶアダルト!と括るなんて雑すぎる。
例えるなら、加藤鷹ととにかく明るい安村を一緒のカテゴリーに入れてるのと同じですよ。
天下のグーグルさんが、そんな細分化もわからないとは…一体何を勉強してきたの。

だから抗おうと思いましたよ。だってせっかく書いた記事なのに、そんなざっくりした理由で取り下げるなんてできない。

アドセンスはこのままで、特定の記事に広告は貼らないようにする方法を必死に探したんです。

そうしたら、いくつか出てきたんですけど、私JAVAとかタグとか全然わからない人間なので、示してくれている方法で設定しなおしてもできない。どうやってもできない。そうこうしてる間に3営業日過ぎちゃう。

ああJavaすくりぷとが憎い…。
全然納得してないし非常に遺憾なのですが、泣く泣く取り下げました。

f:id:santonikaku:20160407155015j:plain
ただ、私ははてなブログだったからうまくいかなかったけど、Wordpressで作ってるサイトなら簡単に外せたりするらしいのよね。だったらもういっそWordpressの勉強しようかなぁ…。
サイトとして独立させて、自分だけのブログにしちゃえばもっと自由にできるのか。

だけど、年々老化している脳細胞が勉強を拒否してる。ただでさえ生きてるだけで精いっぱいなのに勉強の時間を加えるとか…胃酸過多で入院するかもしれん。そう思ってなかなか踏み切れないのが現状。

もし今後、Wordpressをしっかり勉強して、このブログ『70%』を独立させることができたら、ポリシー違反になったエロ記事も全部復活させたい。

以前も「早○の男子よ案ずるなかれ」みたいな記事も引っ込めたんだった。あの時は読者さんに「いい記事だと思うけど、内容があんまりにもアレですよね」と言って頂きすごく嬉しかったけど、結局グーグル様に勝てなくて、断腸の思いで取り下げた。

多分その内、セックスレスの記事もゲイのXXXの記事も取り消せって言われそう。真面目なエロ話のカテゴリーが全部削除させられてしまう…。


やめて!もうやめてぇぇぇぇぇぇ!!

f:id:santonikaku:20160407154347j:plain

f:id:santonikaku:20160621141138j:plain





⊂⌒~⊃。Д。)⊃<バルス




そういうわけで、今後はエロ記事は書かなくなると思います。
楽しみにしていた方、もしいらっしゃったらすみません。
情報弱者ですみません。

私がエロいのは変わらないけど、エロネタ全開でヒャッハアーー!!みたいな内容は書かないと思います。
てか、書いても取り下げろって言われるし。

どうしてもやっぱりエロ記事書きたい!と我慢できなくなったら、頑張ってWordpressを勉強して、はてなから卒業して『70%』を独立させたいと思います。
その時は奮って書きますので、末永く待っていただければ嬉しいです。