70%

70%

暇つぶしになる記事があればこれ幸い。

Google web fonts

夏の冷え、偏頭痛、腹痛、子どもの冷房病…、あらゆる悩みに足湯で対抗する

小窓さんだぞ。

ところで皆さん、夏って体が冷えませんか?
冷房の効いた部屋と暑~い外を行き来したり、薄着の状態でエアコンガンガンのお店に長くいたりすると、体温調整がうまくいかなくなるんだよね。

その結果、自律神経を失調させてしまう。
他にも、頭痛が増えたり、お腹を壊しやすくなったり、体の調子がどんどん悪くなります。
そろそろ社会は「冬よりも夏の方が体が冷える」ことを、もっと取り上げるべきだ!

<スポンサードリンク>
 

「冷え」は万病のもとだぞ

f:id:santonikaku:20170110141253j:plain
夏はどうしても、体を冷やすものばかり目につきがちだし、それが必要不可欠なんだろうけど、夏はだって冷え対策は必要です。
それなのに、夏の冷え対策はあまり進んでいないように感じる。
正直、冷房が整った環境にずっといる人にとっては、夏こそ冷えに悩まされる季節と言えるでしょう。

ましてや人によって体感温度は違いますから、オフィスに暑がりの人がいたら、エアコンの温度上げ下げ合戦になってしまう。ホンジャマカの石塚さんと同じロケバスに乗ったアンガールズの2人が、
「石塚さんがエアコンをガンガンかけて寒くなるけど、こっちは薄着だし、一発でお腹を壊します」
と言っていましたが、まさにそんな攻防が全国で行われているのでしょうね。私も最近は、人が多く集まるところには長袖のカーディガンが必須アイテムです。

 

一番良い解決法は…?

f:id:santonikaku:20170110141347j:plain
こんな風に体調を崩した時は、夏でも毎日お風呂にゆっくり浸かるのが一番良いのだそうです。
だけど、一度お湯につかると出た後ものすごく暑くなるし、1人暮らしだとお湯を溜めるのももったいないし、お風呂掃除するのも面倒くさい。なんだかんだ毎日浸かるのは難しい。

でも体調不良はなんとかしたい。
そんな時、せめて「足」だけでも温めたらどうだろう?と思い、足湯について色々調べてみました。

足湯の効果・効能

f:id:santonikaku:20170110141403j:plain
今更私が語るまでもないほど、老若男女問わず人気の足湯ですが、実際どういう効果があるんでしょう?
東洋医学では頭寒足熱が健康の基本とされていますが、夏場はこれが逆になりやすいです。頭から上はカッカカッカ暑いのに、下腹部から足元にかけては冷えて傷みやすい。
それは健康上、とてもよくない傾向です。

温めなきゃいけないのは下半身です。
大事な下半身の血液循環、これが足湯の一番の効能なんだとか。

その他にも、たくさんある。

冷え性・肩こり・足のむくみ・立ち仕事・足が冷たくて眠れない・冷房効き過ぎの場所での作業・歩き過ぎ・筋肉痛・長距離運転・全身の疲れ・倦怠感・不眠症・低血圧・ストレス、などなど。

現代人のちょっとした体調不良に効果ありありよ。

参考サイト→足湯.com

<スポンサードリンク>
 

実際に足湯に入ってきた

f:id:santonikaku:20170110141434j:plain
世の中には、足湯カフェと言うものがある。
私が行ったところは、ドリンクバー付き600円(30分)と言うところ。足を拭くタオルも貸してくれました。

入ると、そこにはファミレスのようなテーブルがいくつかありますが、テーブルの下にはお湯が流れていて、そこに足を突っ込んでおしゃべりできるというもの。

正直、最初はこれで本当に気持ちいいのかなぁ?と不安でしたが、実際に足を入れた瞬間「ぱああ~~~…(*´Д`)」と極楽に。

少し熱めのお湯が冷めることなくずっと流れているので、とにかく気持ちいい!
しばらくすると、だんだん体がポカポカしてくるので、入りながら冷たいものを飲んでも体が冷えなかったです。

そして出た後に、さらに驚いた。
足湯から出た後は、足だけ小学生に戻ったみたいに復活します。大げさな表現じゃなく、本当に足が軽いんです。

足だけじゃなく体全体があたたかくなって、しばらく気持ちよかったです。ただ、やっぱり私は冷え性なので、時間が経つとすぐ戻ってしまうけど、足の軽さには一番感動しました。
足湯を日課にすれば、冷え性も治るかもしれない。

 

家で足湯をする一番安い方法

f:id:santonikaku:20170110141459j:plain
一番安上がりなのは、足がすっぽり入る桶を買って、ヤカンでお湯を足して浸かる。

手間はかかるけど、それに見合う効果は期待できます。
もう少し足湯っぽいのもある。

少なくともお風呂ためるよりは、水道代もガス代もかからなくていいと思う。
ただ、もっとハイクオリティを求める方には、それを保証してくれる商品もあります。

 

お高いけど高機能な足湯

これは、寝転がりながらでも足湯ができちゃうらしい。「いいな~」と思う反面、そのまま寝ちゃったら起き上がれなくなりそうで、相当意志が強くないと怖くて使えないな。
あと、家族で使いまわすのもちょっと抵抗あるような…。なんとなく、自分専用にしたいタイプ。

出た、Panasonic。
高っ!と思ったけど、遠赤外線がついてる優れもの。
いつもシャワーしか浴びない人や、お風呂場が狭くてリラックスしづらい人は、あえて高い足湯で心を満たすのもありかもしれません。ただ、使わない時に場所取りそうだ。

 

ただ、実際家で足湯をやるのも面倒くさいですよね。
あれやこれや用意しなきゃいけないし、その時点ですでに面倒くさい。そんなことしたくもないくらい体がだるいのに、なぜ癒すために疲れなければいけないのか。

だけど、そうやって面倒だと思ってやらないでいる時間が積もり積もって不健康な体質を作り出します。

「病院に行くほどでもないけど、なーんか調子が悪い」というのは体からのサイン。
冷え性でも偏頭痛でも、そういう症状は一度なったら治りにくい。早めに解決するためにも、ぜひ足湯をためしてみてはいかがでしょう。