読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70%

暇つぶしになる記事があればこれ幸い。

Google web fonts

【金融に全く詳しくないけど】映画「マネーショート」を見た感想

映画

【スポンサードリンク】

小窓です。
先日、「マネー・ショート」と言う映画を見ました。

f:id:santonikaku:20161023003825j:plain
原題は「BIG SHORT」
リーマン・ショックが起こる前、いち早くそれに気づき莫大な投資をした人たちの実話を映画化した作品です。

正確には、私ではなく夫が見たがっていた映画なのですが、今日はその感想を書いてみようと思います。

基本的にネタバレ無しで書いてますが、それは単純にネタバレできるほど噛み砕けてないという哀しい理由からね。

<スポンサードリンク>
 

あらすじ

f:id:santonikaku:20161023004056j:plain
実話に基づき、4人のアウトサイダーを描いた物語。大手銀行、メディア、政府が否定した世界経済の破綻を予見した男たちによる大胆な投資は、銀行のいかがわしい闇を浮かび上がらせた。そこには人間も物も、何もかも信じられない世界があった。(Amazonビデオより引用)

Amazonビデオでレンタル(有料)しました。プライムビデオで無料配信されるまで待てなかった。

感想

f:id:santonikaku:20161023005255j:plain
見る前に、経済も金融も何も知らないレベルゼロの私が、金融に関する話を2時間10分も見れるか不安がありました。

ついていけないんじゃないか?
途中で飽きちゃうんじゃないか?
そもそもこういう映画は、証券会社の人やファンドマネージャーが見るものじゃないのか?

結論から言えば、そんな心配は不要だった。
金融のことを何も知らなくても楽しめました。用語は半分くらいしか理解できなかったけど、わからないなりになんとかストーリーにはついていける。

途中何度か、わからない人用に解説してくれるシーンもあり、コメディ要素もあり、気が付くと物語に入っていけるようになってる。そういう演出が巧だな~と思いました。

先ほど「ネタバレできるほど噛み砕けてない」と書きましたが、いや、内容は把握できてるんですよ。ただ、「じゃあ説明してみろ」と言われたらできないっていうだけで。

夫が金融・経済オタクなので、ときどき補足説明してくれたのですが、聞かなきゃわからなかったのは「空売り」くらいかな?
後は大体わかった。なんとなくだけど。

見る前に「空売り」「サブプライムローン」は調べてから見た方がわかりやすいかも?

<スポンサードリンク>
 

真剣に理解しようとしながら見るより、ぼえ~と口を開けて心を無にして見る方がいいかもしれない。
話してることを全部理解しようとしても無理なので、なんとな~く流す感じで見た方が意外と頭に入ってくる。

途中で、急にセレーナ・ゴメスが出てきてたまげたりもした。
でもそういう演出、嬉しい。セレーナも解説に一役買ってるんだけど、すごくわかりやすかった。そして可愛い。

おじさん萌えポイント

f:id:santonikaku:20161023003521j:plain
偏屈な投資家役のクリスチャン・ベイルがめちゃくちゃかっこよかった。
スーツより冴えないTシャツ姿に萌えた。スーツ好きの私にしては珍しいです。

かなり変人だけど相場を読む能力に長けていて、誰にも理解されない中で、自分の考えを信じて最後まで突っ走る姿がステキだった。
と言うか、セクシーだった。色っぽい。

マーク・バウム役のスティーヴ・カレルも渋すぎてヤバス。

f:id:santonikaku:20161024114417j:plain
おじさん好きにはたまらにゃい。役作りがハンパないなぁ。Hope Springsの時と全然違うじゃん。
余談だけど、Hope Springsの邦題は「31年目の夫婦げんか」なんだよ…ダッセ

あとは、やっぱりブラピですかね。

f:id:santonikaku:20161023005029j:plain
安定した格好良さ。信頼株。
今回は、プロデューサーも兼任していたんですね。
世の中には色々なブラピがいるけど、私はこういうむさくるしいブラピがすごく好きです。むさくるピット。

この映画に関しては、ピシッとしたスーツの男より、ちょっとくたびれた感じの男の方が萌えました。

 

吹き替え版がオススメの理由

f:id:santonikaku:20161024113430j:plain
感想サイトなどで見た人たちが口をそろえて「吹き替え版がオススメ」という理由が、見て分かりました。 

わりと難解な金融用語がどんどん出てくるし、知ってて当然の体でストーリーは進んでいくので、字幕を読んで、意味を考えて理解し、ストーリーについていくのは結構大変だと思うのです。

吹き替え版でわかりやすく答えてもらった方が、見ていてストレスを感じない。まぁそれでもわからない部分はわからないのだけど。

経済に詳しい人でも吹き替えをオススメしてるぐらいですから、詳しくない人は絶対吹き替えで見ましょう。

まとめです

f:id:santonikaku:20161024124801j:plain
アメリカと言う巨大市場で様々な思惑が絡まり合う中、その崩壊にいち早く気づき多額の投資をする男たち。自分の信念に揺らぎはないものの、このまま自分の読みが当たることは破滅を意味する。

金融市場が全否定していた未来は現実になり、一部の銀行が目先の利益を優先して、一般人の中には路頭に迷う人たちも…
これは、映画と言うよりドキュメントでしたね。

なんとなく知っていたリーマンショックには、こんな側面があったのかと気付かされる名作だと思います。とても面白いので、見ておいて損はないかと。