読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70%

暇つぶしになる記事があればこれ幸い。

Google web fonts

【相棒15】第6話「嘘吐き」感想

相棒(ドラマ)

【スポンサードリンク】

小窓です。

角田課長演じる山西惇さんお墨付きの回。
いきなり冒頭から課長のアップがあったから、ちょっと笑ったw

f:id:santonikaku:20161116205451j:plain
ゲスト:柳生みゆ 諏訪太朗 小林峻 菊地美香 土居志央梨
脚本:森下直
監督:橋本一

相棒season15・テレビ朝日

 

導入部からすごく面白かった。
ちょっと世にも奇妙な物語みたいでしたね。

「誰が真実を言い、誰が偽証しているのか…」

日本の古い賃貸住宅で起こった事件なんだけど、なんでしょうね、この海外ミステリーのような優雅さは…。

ミステリアスでもあり、笑いもあり、驚きもあり、すべての要素がうまく絡まった傑作だったと思います。

f:id:santonikaku:20161116205437j:plain
この子に虚言癖があったことが、よりストーリーを複雑化させている。

「なんでそんな無意味な嘘をつくのか」と不思議に思う。
実際にそういう子と触れ合うと、本当に、実に自然に、息を吐くように嘘を吐く。

罪悪感はあるようでない。ないようである。と言うか、本人にも理由はわかっていないと思う。

自分を良く見せたい、自分を愛してほしい、自己防衛の一種なのかなと思いますが。

<スポンサードリンク>
 

f:id:santonikaku:20161116205430j:plain
しかーし!

今日一番の見どころは、他でもない。
夏音さんが犯人に襲われるところからの右京さん登場、助けられてホッとして抱き着くシーンじゃ!!

あれはなんや!!!

 

てか、その前に顎クイしてましたぜ、顎クイ…、

 

 

右京さんのあごクイ…

 

 

 

 

 

 

 

 

⊂⌒~⊃。Д。)⊃~♡

 

相棒スタッフはきっとこのブログを読んでくれていて、

小窓って奴はおじさん好きだから、こういう演出を挟めばちょちょいのサクサク(by青木)だぜ。

ってサービスしてくれてるとしか思えない。

絶対そう。
てか、そう思うことにした。

f:id:santonikaku:20161116205445j:plain
最後まで誰が何の目的で動いてるのか全くわからず、謎解きのシーンまでが楽しみでした。
左官見習い役の小林峻さん、体つきキレイだな~と思って調べたら、スーツアクターなんですね!スーツ役だったら絶対惚れるお顔立ちです。

今回は、たった一人を除いては、悪い人はいなかったんですね…。
「墓友」かぁ…。考えさせられるな。
今回は、大多数がいい人だったからよかったけど、簡単に人を信じてしまうことは身の破滅につながりやすいのかもしれませんね。悲しい話ですが。

墓友に限らずだけど、どこかで弱みに付け込んだり、信頼されているのをいいことに裏切る人は必ずいる。誰にとっても他人事ではないと思う。

若い子は、特に気を付けなよ!

<スポンサードリンク>
 

最近では、冠城くんがいい感じに存在感を打ち出して、右京さんの相棒として奮闘してきてる気がします。
キャラとしてはとても好きですが、冠城くんタイプが近くにいたら嫌かも…と思ってしまった。

だって、冠城くんって急に大きい声出すじゃん!?

オーバーリアクションだし、動きも俊敏だから、近くにいたらビクッとなりそう。
私、大きい音が苦手じゃけん…。 

 

あと、すごく細かいところなんですけど、気になることが。

横領の容疑者として逮捕された経理部の部長役の人。
ちょっとだけ新聞に顔写真が出てただけだったんだけど、あの人、どっかで見たことあるんだよね…。
多分、CMか何か…。

 

あ、わかった!!

 

今、わかった!!!

 

フリー写真素材のぱくたその紳さんだ!!!!

f:id:santonikaku:20161116221231j:plain

この人じゃない!?そうじゃない!?
いやー、どっかで見た顔だと思ったんだよ。違うかなぁ?

私も何度か画像でお世話になっているので、気付かぬうちに脳内に刷り込まれていたんだな…。

あ、でも確証はないので、違ったらごめんなさい。

 

来週の相棒には、なんと安達祐実さんが出ますよ!

相棒×誘拐は、テーマとしては久しぶり。以前はよくあったんだけどね。
来週も楽しみです。