70%

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70%

暇つぶしになる記事があればこれ幸い。

Google web fonts

【2016年12月26日】SMAP×SMAP最終回を見た一般人の感想

小窓です。

f:id:santonikaku:20161227103802j:plain
SMAP×SMAP - フジテレビ

最初に言っておきますが、私はSMAPの濃いファンではないです。
そんな私ですが、昨日のスマスマはどうしても目に焼き付けておきたかった。
なぜなら三十路の私にとって、SMAP×SMAPは特別な番組だったから。 

「笑っていいとも」が終了した時も寂しかったけど、いいともはものごころつく前から始まっていた番組で、気が付いた時にはもうあったものだったけど、スマスマは10代の多感な時期に始まり、昨日までずっと一緒に成長してきた番組だったのです。

<スポンサードリンク>
 

ほぼ総集編だったことについて

5人の今の状況を考えるとそうなるだろうなー。
なんとなくわかっていたので、それはそれとして楽しんで見ました。
特に、印象深かったのはこの3つ。

  • 稲垣吾郎逮捕

この件についてがっつり取り上げていたのはちょっと驚いた。でも、SMAPらしい、スマスマらしい。

ツアー真っ最中の出来事だったのに、4人で乗り越えていく姿が感動的だった。
最近、MAKIDAIさんが事故に遭って三代目J Soul brothers札幌公演が中止になったニュースを見たから、よけいに「すげぇな」と思った。

しかも、吾郎ちゃんTシャツまで作って、ファンの人たちに「大丈夫、戻ってくるよ」とアピールする優しさ。
あの場にいた吾郎ちゃんファンは、どれだけ嬉しかったことだろうね。

 

  • スマスマ裁判

SMAPが解散することも、スマスマが今日で終わりだということも、思わず忘れるほど笑ったコーナー。
当時11歳だった慎吾ちゃんの留守録テープ、可愛かったああああああ。

草彅「…で、何時?」
香取「だから3時」

wwwwwwww

中居「お前、いくつ?」
香取「4月から6年生」
中居「あー、かわいそうにw」

か、可愛い…♡
ファンじゃなくても萌えたわ。

あと、木村さんと中居さんの学生時代の話ね。
中居君の暴露に「お前、言い過ぎ」と呆れる木村さん、それ事実だって認めちゃってるのと一緒じゃないかw
人気グループのツートップと言われるこの2人が、こんな仲良しでいいのかw
この親しみやすさがSMAP最大の魅力なんだよなぁ。

 

  • 5人旅

これは、感想が長くなりますよ(笑)。

めっちゃ面白かった。5人とも自然で楽しそうだった。
BGMの「BANG!BANG!バカンス!」が最高だったわーー。
旅館に予約する時や、ETCで入ったのに一般レーンに入った時とか、ゲーセンにいる時とか、ほぼでしょあれ。オヤジみたいなこと言うと、素マップでしょ。

1人でセブンイレブンに撮影許可を撮りに行くけど、ちゃんと5人のためにお茶を買ってきた木村君がカッコよかった。
みんなにやいのやいの言われながらも、ちゃんと旅館に予約してドヤ顔だった吾郎ちゃんが卓球の最後に静かに負けたのが面白かった。
一人早朝に出発するから「明日みんなで(剛を)見送ろうよ」と言われたのに、誰も起きてくれないので「お前ら、BEST FRIENDじゃなかったのかよ」と言ったつよぽんに笑った。
基本一歩引いてみんなを見守ってたのに、卓球やってる時に「ちょちょちょ」と言って邪魔な位置にいた中居君をどけてマジになってた香取君が可愛かった。
実はメンバーを移動させるために、卓球場の外にいたおばちゃんたちにファンサービスしまくってた中居くんが素敵だった。

つまり、全員素敵だった。
5人とも個性バラバラで、単体でももちろんかっこいいけど、5人揃うとどうしてこうも魅力的なんでしょう。

そしてカラオケなぁ…(´;ω;`)
中居君の涙は反則だべ。

ガン泣きする中居君とつよぽんに、突っ込む香取くん。
泣いた中居君に一番最初に気づいたのに気づかないフリして微笑んだ木村君。
気付いてないかと思いきや、ずっと優しく歌い上げて「この歌詞、やばいね!」と中居君に振る吾郎ちゃん。

本当は、カラオケの最後に中居君がこう言ってたんですよね。

さすがにそこは編集でチョッキンされてましたけど、そりゃそうだろうよ。
中居君がせっせと入れたSMAPの曲を、誰も何も言わずに熱唱してくれてるんですよ?
「中居君が一番のSMAPファンだ」とスマオタの人がTwitterで呟いててたけど、本当にそう見えた。

 

つーか、これって2013年の放送ですよね。つい3年前?
その当時、こんなに仲良いのにいきなり不仲で解散?

ありえない。
視聴者なめんなよ(゚Д゚)oゴルァ!!

私もそこそこババァだからわかるんですけど、40歳前後で色々な人生経験してきた大の大人が、それも芸能界と言う特殊な場で第一線で活躍している大人の男性が、不仲で解散なんて幼稚なことはしないですよ。

距離を置くとか、活動休止ならまだわかる。
でも、あらゆる責任を背負った40前後の大人が、そんな身勝手な理由でいきなり解散までいくわけない。
「15年前から壊れてた」とか言ってた報道もありましたけど、どこがどう壊れてたら、あんな屈託ない感じで5人で旅ができるの?

壊れても持ちこたえたから、あんなに仲良く振る舞えるんでしょうよ。
ダメになりかけても持ちこたえた絆は思ってる以上に強い。そして40前後の大人はそれがいかに尊いことか身をもって知っている。

 

SoftbankのCM

あれは粋だったな~。
au愛用者だけど、ソフバングッジョブ!
さすがに「乗り換えます!」とまでは思わないけど(笑)、企業としてうまいなと思いました。

もう契約が切れているSMAPをああいう形でCMに起用するのは、並大抵のことじゃないですよね。
どれだけの人たちが権利関係で動いていたんだろう。
そして、あの時間帯のあの枠を1分買うといくらするんだろう。1千万じゃきかないよね。

そうまでして伝えたかったこと。
みんなが思っていること。
みんなが口に出せないこと。
公共の電波には乗れない想い。

そういうものをギュッと短縮して、一言。

さよならじゃ、ないよな

ここに詰め込んだ。これはやばいです。

<スポンサードリンク>

 

「世界に一つだけの花」の感想

12月1日に収録されたらしいけど、中居君泣いてたなぁ…。
他のメンバー前を見る中で、1人後ろを向いて涙をぬぐうその背中を見てたら、SMAPファンじゃないけど、

 

うちの中居を泣かせたんはどこのどいつだ!!
しめんぞふぉるあああああああ(゚Д゚)o!!!

ってヤンキーの血が騒いでしまう…

 

中居君の涙と手の合図について、色々な憶測が飛んでいますが大きく分けるとこの2つ。

  • 永遠にさよなら説

手→「1,2,3,4,5と消えていって、散って、バイバイ」
涙→解散する寂しさ、感謝の気持ち。

  • 精一杯の抵抗説

手→「SMAPは5人、ファンの応援は伝わってるよ」
涙→SMAPを事務所から守れなかったリーダーとしての責任。

 

私は抵抗派ですね。
だって、「散ってバイバイ」ならあえて手をズームアップして見せなくてもいいような気がするから。
あれには意味があったと思うよ。
中居君の精一杯の意思表示だったと思いたい。

まぁどう捉えるかは、人によってそれまでSMAPとどう関わってきたかで分かれるんだと思う。 

 

ネットを見ない人の反応

スマスマを見ていた時は、友人とずっとLINE実況していました。

ただひたすらSMAPを見て、
「私たちの青春だ」
「解散しないでー」
「泣ける」
「かっこいいんですけど」
と言い続けた。

私はTwitterを使っているので、ある程度スマオタさんからの予備知識を持った上で見ていたけど、友人はネットに疎くTwitterもFBもやってない。

そんな友人は、今年の8月に解散報道が出た時に

「でも5人で決めたことなら仕方ないよね…キムタクさえ考えが変わればねー」

と言っていたんです。
それが昨日は、

「事務所許せないよ!!SMAPを返せ!!」

と怒っていた。

「だってこんなに仲良しじゃん。どう見ても不仲じゃないじゃん」
「一番誤解されやすいキムタクに罪を押し付けてるだけなんじゃない?」
「つーか、フジテレビはもう見ないよ!」

とまで言っていた。

つまり、もうテレビの陽動作戦も効かなくなってるんじゃないかなー。
ネットを見てなくても、SMAPの5人を見てたら伝わるものがあったよ。確実にあった。
私たち世代は、SMAPと同じ時代を一緒に年取ってきたんだよ。
なめてもらっちゃ困るよ。
濃いスマオタじゃなくても、同じ時代を生きていたということは、実はとっても重要なことで、そこには見えないつながりがあるわけだから。

<スポンサードリンク>
 

SMAPは直接言葉で言わない 

昨日のスマスマを見て改めて感じたこと。
吾郎ちゃん逮捕の後の吾郎Tシャツもそう、昨日の中居君の手の合図もそう、1年間の5人の沈黙もそう。

SMAPらしいとはこういうことだ。
わかりやすく言わないのだ。

でもわかるんだ。
お世辞にも歌がうまいと言えないSMAPの曲が、なぜこんなにも多くの人に愛されるのか考えてみればわかる。

彼らは、伝える力が強い。
それも5人全員、みんな強い。

言葉じゃないところで、いつもいつも「SMAPとしてできること」を考えていてくれたから。

解散騒動のSMAPは全然SMAPらしくなかった。
違和感しか感じなかった。
ファンじゃない自分でさえそう思った。

「世界に一つだけの花」を歌う場には、SMAPとスタッフの他にも、間違いなく事務所の偉い人が立ち会っていたはず。
カメラには映ってないけど、しっかりそれを感じ取ることができた。 

なぜ感じ取ることができたか?
それは、SMAPの精一杯の抵抗があったから。

そこだけはSMAPらしいと思ったけど、それ以外は全く納得できませんでしたよ。

 

スマロス症候群になった?

思ったよりなってない。
スマスマを見るまでは解散に向き合うのが怖かったし、見始めてからしばらくは号泣してたけど、だんだん涙が渇いてきた。
最終的には、

と言う想いになった。
同じような想いの人はきっと日本中にいることだろう。

解散は受け入れない、と決めたら、ロスにもならない。
精神的ショックを避けるための自己防衛なのかもしれないけどね…。
でも、受け入れなきゃいけない理由も無いんで。はい。

君は君だよ
他の誰にもかわりなんか
できやしないんだから
―「君は君だよ」

この歌詞の君をSMAPに変えてみたら、しっくりきた。

過去のSMAP関連記事