70%

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70%

暇つぶしになる記事があればこれ幸い。

Google web fonts

【相棒15】第11話「アンタッチャブル」感想

小窓です。

本日からやっと、相棒通常モードに戻ります。
Season15もいよいよ後半戦ですね。

そして後半一発目から不穏な雰囲気…。

f:id:santonikaku:20170111213007j:plain
出演:桜田ひより
脚本:山本むつみ
監督:橋本一
相棒season15・テレビ朝日

今日の事件は、警視庁副総監の娘が事件の目撃者と言う話。ゆえに事情聴取もできない状態からの、事件解決を目指す特命係。

わりとシンプルな結末でした。練りに練られた相棒の中では拍子抜けするほどシンプルな作品でした…が、今後の伏線を張りたいがために作られたようなストーリーだったとも思える。それでもちゃんと面白いのがすごいんだけど。
そもそも今日はタイトルが「アンタッチャブル」だしね。この後、怒涛の展開がく~~~るぅ~~~??←

桜田ひよりちゃん、可愛かったなぁ。
制服もすごく似合ってたけどリアルJCなのね。今しかできない役をのびのび演じていて、見ていてまばゆいばかりです。めっちゃキレイな顔立ちだから、今後の成長が楽しみですね。

今日は久しぶりに、特命係と内村部長たちがバチバチだった(笑)。最近こういうの無かったから新鮮。

<スポンサードリンク>
 

f:id:santonikaku:20170111213015j:plain
今日の中園参事官は一味違ったね!
男気がイイネ!(・∀・)
あの休日のお父さんの姿がリアルで…、志村けんのコントみたいな嫌われっぷりだったな…(´;ω;`)

でもあれがあったからこそ、特命係にヒントを与えたのかな(笑)
右京さんは察しが良いようで、すぐにピンときたけど、最終的にはまたイエスマンに戻ってしまったね。けど、きっとどこかでまた助けてくれるんじゃないかなぁ。

だって内村部長には色々されてきたもの…w
お土産の最中をひっくり返されるだけじゃなく、理不尽に怒鳴りつけられ、手柄は横取りされ、責任ばかり押し付けられ……、Season15に至るまで色々あったもんなぁ…。

「警察官の初心に返り、あんたのを出世より犯人逮捕の方が優先だ」

と言うシーンはかっこよかったぞ、お父さん!
がんばれ、日本の(不器用な)お父さん!

内村部長に代わって中園参事官が部長になったらそれはそれで見てみたい。

 

f:id:santonikaku:20170111213023j:plain
そもそも衣笠副総監(大杉連)は何者なんだろうな。
元日スペシャルで警視総監が殺された事件の責任もあったのに、そのあとも副総監のままで、甲斐さん(石坂浩二)とは1話から何か因縁めいた関係だったようだし。
家庭内もなにやら複雑だったし…、桜田ひよりちゃん、また相棒に出てきそうな雰囲気だった。

「前に色々あったから」

 「うち、そんな簡単じゃないから」

( ,,`・ω・´)ンンン?
何があったの。言うてみ。
伏線がたくさんあるんだけど、回収されるまで待てねぇ。つーか、回収される頃には伏線そのものを忘れてるっつーか。←

<スポンサードリンク>
 

f:id:santonikaku:20170111213029j:plain
青木さんの恨みもまだ回収されてないんだよね。

「終わりの始まり」とか言ってましたけど、なんなん。副総監の過去を教えることがなんで特命係の終わりにつながるの。
その辺はまだ全然見えてこない。青木さんもまた不気味である。

しかし、そんな不穏な空気も伊丹さんに浄化された。
右京さんと冠城さんに「先走るな」と言っておいたのに先走られて、もう怒ることも呆れることもなく「やっぱりね」で済ませるところとか♡
でも容疑者に対しては、正義の鉄槌を下す。それも素敵だった。

間違われた容疑者の人がもしかしたら犯人なのかな?と思ったけど、その後なにも出てこなかったから、あれはダミーだったのね。
でも、ああいう風に犯人に間違われて人生が狂わされてしまう人も大勢いるんだろう…。いくら恨みがあっても刑事相手にあんな悪態を吐けるような人ばかりじゃないから、きっと苦しい気持ちを隠しながら、生活を再開させる人もいるんだろう。

そんな風にも感じてしまった。

 

 

あと、今日の話を見終えた後、くずもち食べたくなった。

 

 

来週の相棒は、笹野高史さんが出ますね!
しかも前科者っぽい役。タイトルも「臭い飯」w
楽しみだ!