70%

70%

暇つぶしになる記事があればこれ幸い。

Google web fonts

【2017年版】お手入れしやすいおすすめ加湿器を紹介!部屋・人数別にも選んでみたよ

小窓です。

いきなりですが、今年も乾燥がやばい…

f:id:santonikaku:20170124104819j:plain
年々ヤバくなってる気がする日本列島の乾燥。
通常の乾燥じゃなくて、カッサカサのピリリズムになる日があります。極カサ日と言うか。そういう日は部屋中に水をぶっかけ回したくなる。

2015年の秋に、加湿器が壊れたのをきっかけにこちらの記事を書きました。

なんと今月までに累計120万アクセスを超え、ちょっとビビる。
そして私は、この記事をきっかけに加湿器について更に研究を重ねることになる。
だって本当に日本の冬ってえげつないほど乾燥するじゃない?
家族全員ノドが痛くなるし、咳は止まらないし、肌はピリピリしてかゆくなるし、静電気はバチコーンくるし…、あと何よりも、

f:id:santonikaku:20170124101248p:plain
カッコよく言ってみた。
個人的にはこれが一番イヤだ。

ストレスたまる!!
肌が地割れする!!

 

なので、今年も加湿器を調査してみました。
前回載せきれなかった気になる加湿器を紹介していきます。

<スポンサードリンク>
 

加湿器を選ぶ大事な4つのポイント

  • 掃除のしやすさ
  • 月々の電気代
  • 加湿力
  • 見た目

前回の記事にも書きましたけど、やっぱりこの4つが大事。ただ、全てをクリアしたものは地球上に無いけどね。←庶民に優しい価格では。
なので、どれを優先させるか考えつつ選んでいきましょう。

 

購入前に考える4つのポイント

①自分の使い方に合った機能
②部屋の広さに合ったサイズ
③どこに置くか、どこにしまうか
④どのタイプを選ぶべきか

加湿器は、スチーム式、気化式、ハイブリッド式、超音波式の4つに分類されます。
主な性能やメリット・デメリットはこちらで確認できます。

これも、大事なポイントなので購入前に確認しておきましょう。

②の部屋の広さに合ったサイズがわかりにくい人は、Panasonicのこちらのサイトで必要な加湿量を確認することができます。→必要な加湿量の計算 | Panasonic

 

超音波式加湿器

★掃除のしやすさ
超音波式はお手入れが面倒ですが、この商品は「クレベリンLED」搭載で、二酸化塩素を発生させることでウィルス・最近の除去効果があるんだとか。なので一般の超音波式よりはお手入れは楽みたいです。
ただし!このクレベリンLEDカートリッジ(3か月を目安に交換)が3,500円くらいします。高い。


★月々の電気代
月155円ほど。電気代はかなり安い。

 

★加湿力
超音波式の中では強い方。
8畳程度の部屋専用なので、一人暮らしや子供部屋向けかな。広い部屋では拡散力に欠けるそうです。


★見た目
見た目が良いので紹介せずにはいられなかった。ホワイト以外にブラックやゴールドもあるので、お部屋の雰囲気に合わせて色を選んでも楽しいかも。

 

★その他
クレベリンと言う二酸化塩素?を初めて聞きました。やはりカビやウィルスの発生は気になるので、それを除去してくれるのは有難いですね。音が少し気になるとの声もあったので、静かなものを探してる人には不向きかも。

 

気化式加湿器

★掃除のしやすさ
気化式は高温殺菌できないのでカビが繁殖しやすく、お手入れも頻繁にしなければならない。なので、メーカーHPにお手入れの仕方がバッチリ載っています。
Panasonicさんと言えば10年交換不要のフィルターですが、加湿器って基本5年で壊れるから10年もいらない…(゚∋゚)←
でもこのフィルターは押し洗いができるのがいいね。フィルターって固いから洗いづらいもん。

 

★月々の電気代
84円。はっ?
1ヶ月84円と堂々書いてある…、気化式の一番のメリットは電気代の安さですが、いくらなんでも安すぎる!
しかもフィルター交換も不要なので、ランニングコストはかなり抑えられます。その分、お手入れ頑張らないといけないけど、それでも良いならめちゃくちゃオススメです。

 

★加湿力
DCモーター搭載で、おいそぎ加湿がパワーアップしたらしい。おいそぎ加湿をすると少し電気代があがるけど、それでも月に117円だからすごい。

 

★見た目
シンプル・イズ・ベスト。どの部屋にも合いそうなシンプルさが(・∀・)イイ!!

 

★その他
音もうるさくなく、結露も無く、わりとパーフェクトに思えますが、本体価格が高いのが難点ですね。2万円以上するのは買うのに勇気要るよね…。

 

<スポンサードリンク>
 

ハイブリッド式加湿器

★掃除のしやすさ
内部は単純な構造なので、お手入れはしやすいかと思います。それでも2週間に1度はマストだが。あとタンク部分がデカくて持ちづらいから、掃除が少し大変かも。

 

★月々の電気代
700~800円程度。
ハイブリッド式はこんなもんですね。

 

★加湿力
6リットルの大容量ですから、加湿力は問題なさそう。ハイブリッド式にしては珍しく蒸気が見えるんですが、吹き出し口が360度回転できるので拡散力もありそうです。狭い部屋ではミストが充満して苦しくなる人もいるそうなので、広い部屋向きですね。

 

★見た目
タンクをあえて見せずデジタル表示なのがオシャレですね。実物を家電量販店で見ましたが、写真で見るよりカッコいいです。ボタン表記も全て英語なので生活感が出ません。

 

★その他
パーフェクトに思える加湿器ですが、レビューを読んでいくと細かな点で気になるところが多い。
加湿中は静かだけどボタン操作音がでかい、とか。
コンセントを抜かないと完全に電源オフにならない、とか。
タンクの水交換の時に水漏れしやすい、とか。
実際に使ってみないと、わからないことがあるんでしょうね。悩む人はAmazonレビューで詳しく書いてくれてる方がいるので参考にしてみて下さい。

 

スチーム式加湿器

★掃除のしやすさ
面倒なお手入れ一切なし!フィルター交換不要どころか、フィルターそのものが無いので購入しなくても良い!1~2ヶ月に1度のクエン酸洗浄でOK。

 

★月々の電気代
楽をするには金がかかるもの。
月2,600円程度はかかります…(´;ω;`)ハフー

 

★加湿力
スチーム式はとにかく加湿力が高いです。そしてこの象印の加湿器は、レビューでもほぼ全員が「満足している」と言う評価!
「見た目のダサさを気にさせなくするほどの実用性」
「残念な見た目だが効果は抜群なのでオススメ」
「加湿力ハンパない!見た目はともかく、加湿は文句なし!」
お、おう…。
 

★見た目
ダサい……っ!圧倒的ダサさだ……っ!!
ざわざわしちゃうほどインテリア性はゼロなんですが、逆にもうそれが愛しいよ。ダサすぎて逆に斬新に思えてきた。

★その他
前回の記事でも紹介したんですけど、これを2台目として買っちゃったんです。SHARPの加湿器だけではどうしようもない極カサ日に使用したくて。
実際に使用したレビュー記事はこちら↓

 

<スポンサードリンク>
 

部屋・人数別の加湿器の選び方

1~2人暮らし用
オススメ機種:ハイブリッドか気化式
タンク容量:3~4リットル

1人暮らしで大体6~8畳で使用するならハイブリッドか気化式のどちらかが良いと思います。理由はお手入れの頻度と電気代の節約。1人ならハイブリッドや気化式でも加湿は充分できると思うし、お手入れも比較的楽なものが多いので。

 

3人以上~ファミリー用
オススメ機種:ハイブリッドかスチーム式
タンク容量:5~7.5リットル

ファミリー世帯は2台持ちがおススメです。
うちもそうしたけど、メイン=ハイブリッド、極カサ日=スチーム式にすればそこまで電気代も上がらないと思うのよ。1台でフル稼働すると電気代のわりに加湿は弱くて残念な感じになるから。
もちろん、部屋の広さや住む人の体質にもよるんですが、
乾燥が嫌!
菌をまき散らさないで!
静電気嫌い!
と言う私みたいな人は2台持ちじゃないとやってけない。日本の気候にバラつきがある以上、それに合わせて加湿することが重要かなと思います。

 

寝室用
オススメ機種:ハイブリッド式か気化式
タンク容量:部屋の広さによる、大体3~5リットル

寝てる間に乾燥がひどくて、朝になるとノドがカラッカラになってる時があります。朝にノドが痛いと1日憂鬱なので、寝てる間もきちんと部屋を加湿しましょう。
寝室はとにかく静音機能が重要だと思います。スチーム式は結露になりやすいし、加湿力が強すぎる&音が大きいのでやめた方が無難。

 

オフィスの卓上用
オススメ機種:超音波式
タンク容量:100~500ml

使い捨て感覚で超音波式の安いものを買うのがベストですね。お手入れはいさぎよく放棄しましょう。あんな小さい加湿器、洗えねーし。湿度でパソコンが壊れないように注意が必要です。

これとかおっしゃれー。
「洗わない!使い捨てだ!」と開き直れればおしゃれな加湿器を買ってみたい。←

 

超音波式加湿器を買ってはいけない人

無礼を承知で言いますが、超音波加湿器は一番オススメできません。なぜなら加湿力も弱く、お手入れ頻度も多く、良いのはデザイン性と電気代の安さのみ。ズボラ主婦と最も相容れないタイプだからです。
もちろん、お手入れが苦にならない人ならいいけどさ、そういう人はこの記事を読みに来てないと思うからね…。

そんな中で私が思う「超音波加湿器を買ってはいけない人の条件」を選んでみました。

  • 木造住宅で使いたい人
  • がっつり加湿したい人
  • 3人以上の家族世帯で使いたい人
  • 極力お手入れしたくない人

超音波式は毎日~3日に1度のお手入れが基本です。
そこまで頻繁にする必要あんの?とも思うんですが、メーカーが推奨してるということはそういうことでしょうね。じゃないとカビるんるんになる。

だけど、やっぱり電気代や加湿器本体が安かったりするので、一概に「超音波式、ダメ!」と言い切れず…、そもそも実際に使ったことないのに文句言えない…と思っていたんです。

ところが、前回オススメしたこちら。

これを実際に使用する機会があった!
お正月に義理の実家に帰省した時、おうちにあったんですよ。なので、実際に使っている様子をガッツリ見てきました。

結論から言うと、やっぱりダメだった…。
使ってる方には申し訳ないんですが、上にあげた使ってはいけない条件に全部あてはまっていたので、私にとってはダメでした。

  • 義理の実家は木造住宅
  • がっつり加湿したい極カサ日だった
  • 家族で寝る部屋(和室8畳)で使用した
  • 私はお手入れがキライ(゚∋゚)

あのね、ただ畳が濡れただけだった。
部屋の一部分しか加湿されず、子どもの頭上でフル回転させて精一杯守ったけど、私と夫は朝ノドが痛くて困った。
「これじゃ電気代安くても意味ないっすよーwww」とお義母さんに言えるわけもないので、ここに書きました。←
お義母さんは私ほど乾燥嫌いではないから気にしてなさそうだったけど。

<スポンサードリンク>
 

ハイブリッド1台では太刀打ちできなかった

f:id:santonikaku:20170124113859j:plain
我が家はSHARPのハイブリッド式加湿器を使っています。

が、今年の乾燥はフル稼働でも全然足りないのです。SHARPはすごく頑張ってくれているけど、エアコンをつけたりすると30%が限界で、一気にノドをつぶしてしまう。

なので、象印のスチーム式を買い足しました。

2台持ちなんて贅沢かなーとも思ったけど、こうも乾燥する日が続くとSHARPのお手入れする暇がないんです。ずっとフル稼働だから。
そうするとカビや菌が繁殖しちゃって、結局意味ない。なので、これでしばらく様子を見ようと思います。

 

<追記>※電気料金の計算について
1kwh=27円(新電力料金目安単価)、使用時間は1日8時間×30日で計算しています。あくまでも参考程度にお願いしやすー。