70%

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70%

暇つぶしになる記事があればこれ幸い。

Google web fonts

【使用レビュー】象印のスチーム式加湿器EE-RL35-CAを買ってみた

レビュー記事 家電

小窓です。

今年の乾燥があまりにもやばい。エアコンをつけると、さらに乾燥がやばくなる。乾燥注意報が発令されるような日が続くと、SHARPのハイブリッド式だけでは太刀打ちできないので、スチーム式の加湿器をついに購入しました。

スチーム式の加湿器は色々出ていますが、一番Amazonレビューの評価が高かった(と思われる)象印のスチーム式加湿器を買ってみた。

象印の加湿器を選んだ理由

f:id:santonikaku:20170126161157j:plain
この加湿器が『マツコの知らない世界』で紹介された時、マツコが

「(象印は)質実剛健な会社だね」

と言っていた。実際買ってみると本当にそう思います。
フォルムのダサさは他の追随を許さず、流行に左右されず己を貫く。その何とも言えないいじらしさに惚れてしまった。でも見てる内にだんだんダサさにも慣れてきて、むしろ愛おしくなってきます。

わかりやすく、象印の加湿器を擬人化してみましょう。
真面目に働くし、自分のことは自分でする(掃除ほぼ不要)し、お家デートが好きだから家計(電気代)は圧迫するけど、外食代(フィルターなどのランニングコスト)はかからない。オシャレとは無縁(見た目ダサい)だけど、言葉より行動(加湿力)で示す日本男児。

これは惚れるよなぁ?

見た目がいいものはいっぱいあるけど、やっぱり中身が大事よ。あと性の相性(触った時の質感)もいいよ!つるんとしてて気持ちいい。

 

<スポンサードリンク>
 

箱を開けての第一印象

f:id:santonikaku:20170126141853j:plain
これすごいんですよ。
何がすごいって、開けたらこれだけしか入ってないのよ。

f:id:santonikaku:20170126143356j:plain
本体、ふた、コード、のみ。
シンプルにもほどがある。潔いな!
持ち運びも簡単。しまうのも取り出すのも簡単。

 

f:id:santonikaku:20170126143824j:plain
中は本当にポットだった。
象印のポットだ。注ぎ口が無いだけのポットだ。

 

f:id:santonikaku:20170126143857j:plain
ボタンもシンプルね。
字も大きくて見やすいね。お年寄りにもいいと思う。

 

<スポンサードリンク>
 

実際に使ってみて良いところ

  • 加湿力

素晴らしいですよ。ぶっちゃけSHARPの加湿器いらなくなったよ。湿度20%から、1時間もしない内に40%弱までいきました。
私が購入したこちらは10畳(プレハブ住宅)タイプですが、

使用してる部屋は17畳。それでもかなり加湿されます。
ただ電気代は高いから、本~~~当に乾燥がひどい時のみ使うのが良いと思います。そこまでじゃない日はハイブリッドで節約しよう。

 

  • 音が静か

使ってみて一番驚いたことは想像してたより静かだったこと。
Amazonのレビューで「音が気になる」と言う声もあったけど、私は気にならなかった。むしろSHARPの方が音うるさいよ。←

私が購入したSHARPはこちらですが、

「強モード」にするとヴォ~~~という音がわりとする。気になるほどじゃないけど、うるさいと言えばうるさい。

でも象印の方は、音の質が違う。シュルシュル、シュッシュッコポポポ~みたいな音。でもそれが冬っぽくていいんです。

 

  • 掃除のしやすさ

これは説明不要だと思うけど、やっぱり実物を見たらそこが一番嬉しくなる。だってポットだもん。ポットより洗いやすいよ。

 

  • 結露

丸一日使用しても結露はなかった。ただ、部屋の真ん中で使ったからであって、窓際だとなるのかも?
使用中は、本体の外側がほんのりあったかくなってくる。湯気も熱いので、部屋が暖かくなる気がします。

 

気になるところ

  • 安全性

熱湯を常に沸騰させているので、小さい子供や動物を飼っている家庭には不向きかもしれません。本体自体は色々安全性への配慮がされていますが、子どもは何するかわからないし転倒させたら危ないしね。

 

  • 沸騰に時間かかる

お水を入れてコードをさして沸騰させるんですが、沸騰まで結構時間がかかります。実際に湯気が出てくるまで20分かかった。逆に、スイッチを切ってもしばらくは加湿されているが。
これは家に長くいる人向けですね。ちょっとの間だけ使う人にとってはコスパが悪いかも。タイマーが6時間後に設定できるので、朝はそれを使用すると良い。起きたら部屋が充分加湿されていて、咳が出なくなった。

 

  • コードが短い

安全上の理由からだろうけど短い。1m30㎝しかない。窓際に置くと結露になりそうだし、部屋の隅っこだと充分な加湿がされない気がして真ん中に持ってきたけど、そうなるとコードが足りない。延長コード必須です。
ポットと同じで本体からすぐ外れるタイプのコードなので、引っかかっても倒すことは無いと思われます。

 

  • 電気代

これは仕方ないねー…。これだけハイスペックなら電気代がかかるのもやむをえない。使い方によるけど、大体月に2,000~3,000円くらいでしょう。
発想の逆転をして、電気ポットを使うのやめようかな。あれもお湯を沸かしっぱなしだから、電気ケトルにして節約しようか検討中。

 

  • RLとRKの違い

Amazonで見ると、象印のスチーム式が2種類あるんですよ。

f:id:santonikaku:20170126160420p:plain

「RLとRK」品番が違うものが2種類。メーカーに確認したところ、RLの方が新しいタイプだそうです。RKは去年のものかな?
色身が少し変わっただけで、性能は全く同じだそう。

「ベージュの色味が少し違うんですね。微妙にベージュが濃いものと薄いものと…」
と窓口の方が説明してくださいましたが、ぶっちゃけよくわからないw

 

<スポンサードリンク>
 

まとめです

まぁ、とにかくシンプルですよ。
何かに似てるな~と思ったら、シンプルスマホに似てるんだわ。文字がでかくて、操作が簡単で、お年寄り世帯にすごく良いと思う。
私もまだ30代なので、そりゃオシャレなインテリア性の高い家電の方が好きだけど、でも乾燥に限っては実力派じゃないと困る。おしゃれな加湿器を使ってても、乾燥してたら小じわが増えるだけだぜ!

 

過去の加湿器の記事

2017年に入って、加湿器の研究を自己流に始めたので、また今後も続々と加湿器関連の記事を書いていこうと思います。