70%

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70%

暇つぶしになる記事があればこれ幸い。

Google web fonts

【相棒15】最終回スペシャル「悪魔の証明」感想

小窓です。

ついにこの日が来ちゃった。
相棒Season15、最終回ですよ。

 

f:id:santonikaku:20170321234853j:plain
ゲスト:芦名星 羽場裕一
脚本:輿水泰弘
監督:橋本一
リンク:相棒season15・テレビ朝日

 

社美彌子の謎が明らかに…!

と言う前置きに伴い、初っぱなから社さんのパソコンに青木さんが侵入すると言うすごい展開でした。

今さらなんだけど、パソコンのこと何もわかっていない中高年の人にはなんのこっちゃかわからない導入部ですな。世の中にはいまだにパソコンは「ネットができる」「文字が打てる」だけの機械だと思ってる人もいるからねぇ…。

まぁ、それはともかく、社さんの娘の父親に関するスキャンダルから国家間の大問題に発展?というテーマでした。

 

そしてそれに一役買ったのが冠城亘?と言う。
そして冠城くんをハメようとしてるのが青木さん?と言う。
さらにさらに、真の黒幕は被害者である社さんだったと言う。

警視庁内での相棒ミルフィーユがすごすぎて、長年の相棒ファンに嬉しい話だった気がします。

 

<スポンサードリンク>
 

 

f:id:santonikaku:20170321234936j:plain
元内閣情報調査室の室長・天野(羽場裕一)さん。
この人のことを知っておくとさらに今日の相棒が面白かったんだってね。Season13の第一話「ファントム・アサシン」を見ておいた方がいいよ、って相棒公式ツイの人にも言われてたんだけど失念しておりました(゚∋゚)←

でも、改めて見てみよう。カイト君のいた頃だからね…。回想シーンでも久しぶりに成宮君の姿が見れて嬉しかったよ。

 

今回のタイトル「悪魔の証明」は刑事ドラマなどではよく出てきますが、説明するのが非常に難しい言葉です。

「お前、浮気してんだろ」
「浮気したという証拠はないわ」
「してないと言う証拠もない。だから浮気してるんだ」

みたいな水掛け論の極致を意味する言葉ですね。難癖と言えば難癖。「それなら言っちゃったもん勝ちじゃん」的な。

でも、今回のテーマに沿ったとても良いタイトルだと思います。

 

f:id:santonikaku:20170321234932j:plain
今回、演出が結構凝ってたね。
色々な角度で見せたり、右京さんや伊丹さんに様々な表情をさせたり(大歓迎)、キャラクターをたくさん動かして、内部だけの揉め事感をうまく演出していた気がします。

唯一の部外者、芦名星ちゃんも可愛かった。
この人は昔から体つきがエロいね!←
だからエロい描写も普通に入るんだね。

でも、実際にこの人がやったことは大したことじゃなかった。それより今回は内部よ!警視庁内部がホント色々な意味で大激震!私の相棒愛が煽られまくった!

 

<スポンサードリンク>
 

  

f:id:santonikaku:20170321234912j:plain
まず、冠城亘さん。
今日の回を見て改めて思ったけど、反町隆史はかっこいい。いい子いい子されてる青木さんが羨ましすぎて…。私あんな風に反町さんに頭撫でられたらセリフ全部飛んで何も言えなくなるのに…(゚∋゚)

他にも今夜はカッコいいセリフ連発してたよ。

「言わなきゃもっと乱暴狼藉働きますよ」
「俺、こう見えてロマンチストなんですよね」

きゃーーーーーーーー!!!
言われたい-----!!!
てかもう言ってるーーー!!!

 

今回、サービスショット的なシーンが多かったなぁ…。
右京さんがプリキュアの話題を出したり、内村部長と衣笠副総監との3秒ルールの会話とか、「花の里」に伊丹さんと芹沢さんがそろって来店するとか…。捜一コンビも大活躍だった。

…ってワクテカしていたけど、右京さんの
「黙っていろ」
で全部飛んだわ。もう萌え死ぬからやめて…(;´Д`)ハァハァ

そこからの
「右京さん、あなた、何様だ」
がもう…もう……。会心の一撃だ…小窓さんは教会へ行って生き返らせてもらってくる…。

 

<スポンサードリンク>
 

 

f:id:santonikaku:20170321234900j:plain
こんな風に挑発的な社さんの視線が好きよ。
今回の話で、社さんの底知れぬ闇を覗いた気がしておとろてぃー。

甲斐さんや天野さんが寄ってたかって社さんの味方をするのは、もちろん自分の立場を確固たるものにするための人材の確保、ってのもあるだろうけど、それ以外にも理由がある気がする。

男ってね、自分の目の届く範囲に、決して手を出さないけど、自分のものとして囲っておきたい女がいたりするんですって。勝手に聖女願望を持ったりするんですって。

社さんのケースには当てはまらないかもしれないけどね。男ってそんなもんなんですってよ。

この本にそういう男の心理が書いてあった。わかるようなわからんような…。

 

f:id:santonikaku:20170321234942j:plain
忘れてたけど、今日最終回なんですよね…。
また半年会えないんですよね…。

青木さんへの糾弾、日下部さんへの疑念、甲斐さんの執念、まだまだ回収したいポイントはたくさんある。右京さん、絶対青木さんのこと疑ってたし。

毎回、最終回のラストシーンはカッコよいけど、今回も「終わりの始まり」からの、右京さんの笑み…。胸の深いところでキュー…ンとしました。

 

この流れでは、反町隆史続投でしょうね。
いい感じに右京さんと対立した回だったから、次回への期待値が上がる…。ひたすら上がる…。

何度も言うけど、

「想像が及ばないなら黙っていろ」
「右京さん、あなた、何様だ」

これは、至高の会話ですよ…。
全国の相棒ファンは一度萌え死んで教会で生き返らせてもらってるわよ…。ザオリクーザオリク―。

 

というわけで、今シーズンの相棒も終了しました。
来シーズンまでに甲斐亨編を見直して感想を書こうかな~と思っています。今回みたいなこともまだまだありそうですからね。

 

感想を読んで頂き、ありがとうございました。

 

ザオリク!(゚∋゚)